2014/12/2

杉板  
クリックすると元のサイズで表示します
製材所で板に挽かれた杉が工房にやってきました。
全長6m、末口(上の細い方)で42cm、根元では70cm近い
丸太を芯を40mm、他は23mmに挽いてもらいました。
17枚の板になっています。

船体を作るのにはカワラに3枚、カジキに2枚、タナに2枚で
7枚あれば形が出来ます。舟二つ分の板が出来ました。
いつもは末口36cmの丸太を買うのですが
今回太い材があったので買ってみましたが
ずいぶん大量の板になったので驚いています。

まだ水分を多く含んでいるので板が重くて運ぶのに
腰に来ます。土居さんと休み休み運びました。
40mm厚の芯材は芯を通る線で二分割したら
やっと運べる重さになりました。

これから3ヶ月乾燥させて
暖かくなる頃から本格的に船体を作ります。
それまでは ぼちぼちフレームなど小物を作っています。
1

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ