2016/1/5

金比羅神社  
クリックすると元のサイズで表示します
金毘羅 コンピラという言葉は日本語には珍しい発音です。
元はサンスクリット語でガンジズ川の鰐が神様になっています。
各地に琴平神社があり讃岐の金毘羅様が有名ですが
高知の金毘羅様の方が建立年は古いそうです。
インドから東南アジアを経て黒潮に乗り北上したでしょうから
南にある神社の方が古いのでしょう。日本各地を調査してみると
民俗学的に面白い結果が出るかもしれません。

写真の三本マストのブリガンティン模型『春日丸』は
明治時代に浦戸湾の造船所で進水した時、高知の琴平神社に
模型が奉納され、本殿の天井に吊り下げられていましたが
台風で落下 破損して蔵にしまわれていたのを
野本先生と調査に行った時に見つけ出し
歴民館で船体計測をした後、友人と修理し母が帆を縫って
仕上げた時のものです。両脇は双子の息子、娘です。
現在は琴平神社の本殿に飾られています。
2

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ