2016/1/17

ステッチ&グリュー工法  
クリックすると元のサイズで表示します
高崎史典さんが舵誌に連載したサム15の建造記です。
Yメンズクラブの会報にまとめて載ったものを読み直しています。
ステッチ&グリュー工法の説明としては良く纏まっています。

和船の建造方法も大きい板を切り出して、組み上げ
クギで固定していくので S&G工法の親戚でしょうか。

昔の船大工さんはグリュー(接着剤)が無かったので
クギ打ちだけでしたから 和船はステッチ工法と
呼べば良いのかもしれません。
2

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ