2006/11/30

伸子帆  
伸子帆と言ってもピンとくる人は少ないかもしれません。
シンシボと読むようです。
中国の帆船ジャンクに使われている、
帆布に水平に何本かの竹が取り付けてある形の帆のことです。
布が使われる前は竹を割ってひごを作り、編んで竹のパネルを
作り、それを帆として使っていました。いわゆる網代帆です。

中国人の認識では帆は柔らかい布ではなく、硬い板でないと
いけないようです。板の方が 風の力を揚力に変えることが
たやすく出来ます。

ジャンク リグは、今最も進んだセールと私が思う
ウインドサーフィンのフルバテンセールと同じコンセプトのものです。
当然性能は素晴らしく、コロンブスの時代、横帆船で風上に上れなくて
苦労していたヨーロッパと違い、ジャンクはスイスイと上っていました。
風が強くなればハリヤードをゆるめるだけでベネチアン ブラインドのように
セールが下がってきて簡単にリーフ終了という 優れものです。

日本では中国と貿易や人の交流が あったので、日本人はジャンクを
目にしているし、絵には残っているのですが
日本人がジャンクを作って乗っていたという記録は無いように聞いています。
残念なことです。

このジャンクのセール、チャイニーズラグセール、そして伸子帆と呼ばれる
帆装は明治の後半に急速に日本中に 広まり昭和の中ごろまで使われています。

阪大の野本先生や金沢工業大学の増山先生、荒川先生などの研究が
リンクしてあるSYRA(セーリングヨット研究会)の議事録に写真、実験データと
載っています。
帆走和船を建造中の方には 参考になるかも しれません。

マストまわりの取り付け方法を改良して、ポートとスターボーでのセールの効率が
違う点を直したり、ジブを付けて上りを良くしたり
改造したい点も いくつか あります。
0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ