2016/4/20

艪設計図  
クリックすると元のサイズで表示します
艪を作ることにしました。設計図を描いています。
艪脚は3400、腕は1700、艪杭の水面高さ300
艪間は1400と決まっていますので図を描いています。
艪脚の水中面積中心と艪杭の頭と早緒を腕に掛ける点を
直線にすると、水切り角を変えるのに必要な力は
中立になります。その時脚と腕のなす角は4度。
これに2度ないし3度足した6度ないし7度にすると
艪が自然に返ってくれます。
腕を左右に動かすだけで漕げる、絶妙のバランスの艪を
作ろうと思います。これが当たり前の艪でしょう。
角度は脚の長さ、腕の長さ、艪臍の位置、
使う木の撓り具合で微妙に変わります。
1

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ