2016/6/28

貸し船屋  
クリックすると元のサイズで表示します
梅雨の合間の貴重な晴れに うらどを出して艪漕ぎを
楽しみました。貸し船屋さんの浜に上って一休みです。
右が うらど です。
うらど は復原力が小さく、ひょこひょこするのですが
その原因はカジキ板が立っていて水線幅が小さいことと
水面上の構造物が多く、水密甲板など重心が高くなる
構造要因とが重なっているようです。
セキ台、前部水密甲板を除きましたが
あまり改善されていません。
まだまだ水面より高い所に構造物があるのが
写真で良く分かります。
1

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ