2017/3/7

カジキ トオリクギ  
クリックすると元のサイズで表示します
カジキ板を湿らせて軟らかくして、割れた部分がどうなるか
恐る恐る 曲げていってカワラとの接合が
舳先まで終わりました。
写真の状態から先端をもっとミオシに近づけると
割れそうな音がしたので、作業中断。
ハバドコロの仮フレームの開きを少し小さくして
カジキ板上辺の応力を小さくしないと
板に無理が掛かり、ミオシへの固定部分に
大きな残留応力が出来そうです。
1

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ