2017/3/10

ミオシ摺り合せ  
クリックすると元のサイズで表示します
ハバドコロでのカジキ上辺の幅を片側20mm狭めました。
ベニア板の仮型を少し切り落とすと
カジキ板はゆっくりと立ち上がって新しい型に馴染んで行き
ミオシへ密着させる力は大分軽くなりました。
それでも写真のようにネジ式のサポートでないと密着しません。
事前に焼き曲げをすれば、大きく曲げられるのでしょうが
室内では 火を使うのが 困難です。
摺り合せノコギリでミオシとカジキを摺っています。
1

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ