2017/12/5

カワラ切り出し  
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
17尺釣り舟を奥に寄せました。これで建造スペースが出来ました。
カワラにする板を三枚重ねて、幅が足りて赤身が多くなるように
位置決めをして木ネジで固定し、丸ノコで切断しました。
拡大写真で上に載っている板が左右二枚の間にハマります。
隙間は丸ノコの刃の厚み分で密着し摺り合わせは必要ありません。
腰が弱い私には福音です。切り出すカワラの外形を大雑把に描き
節の位置などを見ておきました。大きな死に節はありません。
この後 舟クギの位置を書き込み、3寸のクギを30本
探し出しました。川舟で使われる亜鉛メッキをしていないクギです。
次回はクギの頭穴を掘りツバノミで穴を通してクギを打ちます。

1

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ