2007/1/15

ZEETONと私  
クリックすると元のサイズで表示します
四万十市の少し東、入野の松原にある入野漁港に
私が25年前に自作した 合板の24フィートクルーザーが
あります。設計はヴァンデシュタットのジートン。
進水してから十年ほど四国一周とか あちこちセーリングして遊んでいました。
その後 入野の方にお譲りしました。きれいに手入れされていて
内装などは変わっていますが、外見は昔と変わりません。
数年ぶりに 見に行って
よくまあ こんな大きな物を作ったものだと 感心します。

外板はカナダの米松のマリングレード合板(東北林産のシルバープライ)に
防水のFRPコーティングをしています。FRPの剥離も無く外部は上等。
船内はエバーデゥアーでエポキシコートしてますし 水が溜まることも
無かったようで 腐食はないそうです。
バウのアンカーウエルあたりは痛んで修理して金属でカバーしてます。

25年も合板の舟が きれいなままで あるものだと 感心します。


0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ