2007/1/25

私の和船  
自分の和船を考え始めました。
20尺が伝馬船としては平均的サイズですが
最初は小型の15尺の船を作ります。
普通の船の設計の手順で、側面図平面図断面図を
以前に採寸した弘光さんの船の寸法を参考にして
特に板図と同じ側面図は和船に見えるように
線図を書きました。

船型が変化せず固定されてしまうのは板図しか描かないし
船尾から三分の一位の所での断面形状で船型が決定されて
しまう建造方法に問題が あるようです。
カワラが厚くてキールラインを自由に曲げられず
オリイレで折るしか 方法が無く、カジキもタナも厚くて
曲げて現場合わせするのが主になる工作方法が原因のようです。

もう少し軽く、水線長の長い、復元力の大きい
工作が簡単な船型が 作れるのではないかと思います。
例えばカジキの水押しの下部に接合する部分など少し修正すると
原木を板に挽いた真っ直ぐな材料で組み立てられそうで
木を有効に使え工作が簡単になります。
コンピューターで外板展開図を描きながら
船体をいじっていけば よさそうです。
横から見た形状は 後から外付けで修正出来ますし
その方が 方向安定性には寄与しそうです。

私は丸太を全て八分 24ミリに挽いてもらい カンナをかけて
七分の板で船体を作ります。薄いほうが軽くて曲げやすくなります。
ただ あまり薄すぎると割れてしまうので 20ミリが限度かと思います。
強度は三箇所 フレームを入れ、板の接合を丈夫にし
板の表面にエポキシ樹脂だけを塗って補強防水をしたいと思います。

接合部分はエポキシ接着をメインに
板をはぐ時は船釘(おとし釘)を使い 場所によっては木ネジを使おうと思います。
船体強度と水漏れを考えると 接着で組み立てるのが 初心者向きでしょう。

結局 私は船型も 工作方法も どちらも 残さずに
和船を 残そうとしているようですね。
木工の上手な方のための 伝統の方法で作れるだけの情報は 
残したいとは考えています。が 私自身が作る船は
変なものに なるのでしょう。
0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ