2007/2/20

和船の設計  
図面の写真を うまく載せることが出来なくて残念です
7月19日に採寸した20尺の和船の図面を載せています
同じような物で 写真で見ただけでは 違いは あまり
わかりません。

今日は 設計ソフトに 五ヶ所の断面形状を 各4点の X,Y,Z座標で
入力して ちょっと走らせてみました。
全長4.7メートル  水線長3.94  幅1.4
船底から10センチに水線が来るとすると排水量が222キログラム
船体を20ミリの杉で作ると 110キロくらいで船体が出来そうで
人間一人と道具類で100キロ くらい。おおざっぱな重量見積もりです。

ラインズは 船体中央で前後方向が直線に近いという
和船の特徴は残っています。

船体の水に濡れる面積は3.5平米なので 軽風時に必要な
帆面積は7平米プラスというところ。シーホッパーのリグを
付けて リーボードを付ければ すいすい 帆走できます。
0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ