2019/4/30

艪仕上がり  
F君の艪が出来ました。桧の艪脚に杉の腕で
大変軽く出来ました。
艪脚、腕の長さは折れた艪と同じなのですが
木の種類が変わると弾性率が違うので
漕いだ時の感覚が変わります。撓りの目安として
艪脚の先から50cm、1m、2mの位置で艪を固定し
4kgの重しを艪脚の先端に固定した時の
先端の下がる量を測ってみました。単位mm。
今回の艪は       20 64  170
弘末名人の艪      15 55  150
龍成丸の巨大艪     11 45  143
柔らかい艪       42 147 325
(一回目の試し漕ぎをした艪)
2X4スプルース艪    16 66  191
(堀川で漕いだ艪)
早速 試し漕ぎをしましょう。
クリックすると元のサイズで表示します
2

2019/4/30

ブランジール合板  
オランダのブランジール社製造のチーク付きの
9mm4x8 マリングレード合板です。
友人がオランダに行った時にブランジール社を訪ね
個人輸入した板です。
最高級のヨットのデッキ用合板ですが
日本までの輸送費用がどれだけ掛かっているのか
ちょっと心配します。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
1

2019/4/28

龍成丸新聞記事  
仁淀川川下り舟の記事です。
クリックすると元のサイズで表示します
1

2019/4/26

龍成丸進水  
仁淀川遊び龍成丸は神事の後お客様に乗って頂き
新しい艪も試しました。
艪脚は4mの檜、艪間は1.9mの巨大な艪です。
船の全長が9m、お客さんが12名乗ると1トン近い
重さになるので推進力の大きい艪が必要なのですが
船頭さんが大きすぎて持て余すのではないかとの心配は
取り越し苦労に終わり、ほっとしました。
村田さんは艪漕ぎ二回目ですが慣れたものです。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
1

2019/4/21

横山30  
クリックすると元のサイズで表示します
高知県中土佐町上ノ加江で整備されていたヨット 
横山30フィートが進水します。
1

2019/4/21

カートップ 川舟  
カートップで運べる軽量化した四万十川舟が進水しました。
船体重量 32kg。最大三人乗れます。
ご希望の方にはお作りします。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
1

2019/4/19

仁淀川下り舟仁淀進水  
須崎工業高校造船科の実習で建造された9m川舟が進水し
高校生が乗って船底のガラス越しに川底を見ています。
船名 龍成丸を達筆で書かれた岩松さんです。
次の和船の時にもお願いしましょう。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
1

2019/4/17

倉敷天領丸新聞記事  
竿をさした時に軽く進むように船体の杉の板厚を30mmから25mmに減らし重量を軽減しました。復元力の減少は舟幅を数センチ広げて対処しました。
船底の平らな舟は横風で流されて操船が難しくなるので後部船底に深さ10cmのスケグ(フィン)を付けました。効果はあるようですが今考えると船体中央部に取り付けた方が横流れ防止には効果が高かったと反省しています。ヨットのセンターボードの横流れ防止効果を応用すれば良かったのです。私の和船には深さ1mの板を差し込みます。ヨット乗りには常識ですがアスペクト比の高いフィンが高い効率を示します。櫓漕ぎでも横流れは随分抑えてくれるので漕ぎやすくなります。ただ倉敷堀川は浅いので深いフィンは使えません。
クリックすると元のサイズで表示します
1

2019/4/16

天井に吊って  
四万十川舟を天井に吊り上げると
農家の納屋の天井に吊っている田舟を
思い出させます。
高知市内の農家の方に田舟を頂いて
三里小学校の郷土資料館に展示してもらいました。
田舟でも室内に置くと大きいので
展示スペース確保が大変でした。
クリックすると元のサイズで表示します
1

2019/4/9

地下水路  
堀川をカルポート前から橋の下に潜り込み
電車道下を北上して新堀川に出る冒険旅行です。
地下水道は意外と明るくきれいでした。クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
1

2019/4/8

原木市場  
次の四万十川舟を建造するための杉の丸太を
買いに原木市場に来ています。
今原木市場には長尺物、11mや8mの材が
沢山ありました。珍しいです。
私は窪川産の5m 末口34cmの目の詰んだ
非常に良い木を買うことが出来ました。
製材所に運んで板にしてから2か月ほど
乾燥させましょう。
クリックすると元のサイズで表示します
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ