2021/11/6

加熱  
スチームで加熱した板を外して見ています。思ったほどは曲がっていないので
もう一度加熱して曲げましょう。

新しく丈夫なこく屋のフレームを作って歪んだフレームと交換し
レーザーで垂直を出し水押をしっかり固定しています。

加熱していない方のカジキ板を加熱して少し曲げています。
先に曲げた板も軽くセットし両側から突っ張っています。
両側同時に作って行けば船体の捻れは小さいでしょう。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
1

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ