2021/12/3

厚み違い  
右舷カジキ板を再度加熱して密着させカワラとの接する線を描いて
上下の不要な部分を切り落としました。これからネノスギを削る前のカジキ板です。
削った後 再度あてがったのですが、右舷カジキはうまく曲がってくれません。
何か変だと思いつつ作業をしましたが、最後に原因が判明。
水押正面の写真で分かるように、右舷板厚26mm、左舷板厚23mmと
厚みの違う板を曲げていたので違和感があったのです。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ