2021/12/21

曲げ  
午前中は船尾に向けて摺り合わせ通り釘を打ちました。
昼から右舷船首の板をスチーマーで加熱して水押に密着させました。
左舷の薄い方の板は同時に曲がってくれました。
右舷の板は古かったのか曲がりにくいし、今日も一部割れが入りました。
垂直な水押まで曲げる事に無理があるようです。
水押を斜めにするか、サンガイを入れる簡単だと言われる工法が
やはり作りやすいようです。
クリックすると元のサイズで表示します
0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ