2007/4/2

釘のかしら穴  
クリックすると元のサイズで表示します
ハギ合わせる二枚の板を離して見たところです。

右の板に頭穴を掘って ツバノミで釘の通る穴を開けました。
そのクギ穴に二寸のクギを挿しています。
クギは少し曲げないとクギ穴に入って行きません。

左の板は 厚みの半分の所に黒い印が あります、
そこに ツバノミでクギの頭の入っていく穴を
深さ二センチほど 開けておきます。
クギを打ち込む時には、クギの先をこの穴に嵌めて
クギの頭を釘シメ (タガネのような物)で打ち込みます、。
0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ