2007/6/7

カジキの摺り合せ  
クリックすると元のサイズで表示します
失敗したクギは なんとか引き抜いて 板のズレを修正しつつ
艫 トダテの部分をすり合わせを する。
トダテの寸法が悪く 隙間が出来そう.
適当にごまかして クギを打ちました.
板の位置はよくなりました。

次に写真のようにミオシとカジキの摺り合わせを しています。
カジキを定位置に固定します.
摺り合せノコを差し込むために マイナスドライバーを二本
打ち込んで隙間を作って その間を摺り合せしています。
ノコの刃が触ることを考えると金属のドライバーよりも
竹を削ってクサビを作るほうが良いのですが
適当な竹が 今のところ 見当たりません.
0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ