2006/5/26

船体の板厚  
全長が20尺ほどの船の場合
カワラは厚み一寸二分 長さは16尺弱 幅は二尺二寸
カジキ、タナは8寸 に板を挽きます。

カワラが12尺の小さい船では
カワラ厚みが一寸
その他は7ないし8分の板に挽きます。

”大田区の船大工”に出ている二艘の船も
同じ板厚に製材しています。

芯去り  とかの特殊な製材方法は
本の説明がわかりやすいでしょう。
0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ