2006/3/4

舵誌三月号  
ヨット雑誌 舵 の三月号にダグラス ブルックさん、和船研究家の記事が載り
大変興味を引かれる。早速メールのやり取りが 始まり、
   woodbrooks@verizon.net
和船を日本で残すには アマチュアのボートビルダーが 頑張らなければ いけない。
  と 指摘され、外国の設計の船ばかり作っていた自分が 恥ずかしくなり
日本回帰する年代になったのか  とも 思ったことでした。

日本にも  SYRA  という ヨットや船の研究をしている集まりが あり。
   http://syra.aero.kyushu-u.ac.jp
ここのホームページには千石舟 浪華丸の雄姿が出ています。
ここの座長の金沢工業大学の増山先生などメンバーの方から情報をたくさん
頂きます。
0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ