2006/5/31

カワラをハグ  
クリックすると元のサイズで表示します
一寸三部の杉の板を接合してカワラ(船底板)の幅に足りるようにします。
おとし釘を裏、表交互に刺して止めます。
今回は私が薦めたエポキシ接着剤も使いました。
釘で止めた後で締め具(イギリスという名前が高知では使われていますが
シャコ万という方が 通るでしょう。)で 圧力を掛けて
接着材が固まるまで 置きます。
0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ