2009/2/21

お客様  
クリックすると元のサイズで表示します
大学ヨット部の先輩が高知まで遊びに来られたので 高知ヨットクラブに
ご案内し ベネトウ36 やコンテスト38でお茶をしました。
私の和船にも乗っていただいて記念撮影。
ステッチ&グリューで舟を作ろうという計画を お持ちなので、
木造和船にも興味が湧くようです。
応力外皮構造、大板構造、つまり 板状の外板素材を切り出して接合して
船体を組み立てる方法論は S&Gも和船も同じ考え方なのです。
0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ