2009/9/2

縦櫓  
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
アルミパイプに杉の板をつないで縦櫓のような物を作ってみました。
直径50mmのパイプが2m、杉板も2m。カンナで板を翼断面に似た形に
削ってパイプに突っ込んだだけ。作業時間 1時間足らず。パイプの端にボルトを
通して柄の役をさせています。櫓の先が広いのは、その方が扇ぎ効果が高いかと思い
そんな形の端材を探して見ました。
お試しが出来そうなのでヨットハーバーの浮き桟橋の端にひもで固定して縦櫓漕ぎの
練習。ずいぶん勝手が違います。20mmの板では薄くて扇ぎ効果が出すぎのようです。
それと杉では軽いので櫓が浮いて漕ぎにくい感じです。先に重しを付けるとか
重い樫の木で作ったほうが良いのかもしれません。次は3mのボートに付けて
漕いでみます。
0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ