2011/2/14

ガレオン船  
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
PION 静 のオーナーが四万十町の山奥まで行って ガレオン船の
写真を撮ってきてくれました。
廃校になった学校の体育館を海洋堂フィギュア館の展示場にするようです。
全体の設計担当はヨット仲間のS君。
ガレオン船については よく知りませんが
コロンブスの頃の西洋帆船という事でしょう。
片山造船が船体の建造を請け負っています。
写真の男性は片山お父さん木造和船の船大工です。
まだ現役。主になって建造しているのは息子さんです。
お父さんの後ろに建造中の船が見えます。
船首の写真と 甲板上の構造物です。
4

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ