2011/4/27

山中模型  
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
低気圧通過で激しい土砂降りのなか 宇佐の中山さんを訪問。
以前も見せていただいた模型の写真を撮らせていただく。
上の舟は全長4mほどの船積み用の伝馬船。
舳先に十分な浮力を持たせるために膨らんだ形をしている。
港の中など狭い水面でも使いやすい練り櫂を推進装置に付けている。
下は帆の仕組み。上下に桁の付いた帆掛け舟の帆ですが、
下の桁を中心線まで引き込んで上らせて帆走するようにロープが
付いています。この形の帆も作って走らせてみたいものです。
2

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ