2006/7/8

舳先  
クリックすると元のサイズで表示します
カジキとミオシの接合部分。
タナが付くように削って修正されています。
この部分が難しい所です。
毎日のように見に来られる 昔船大工の仕事に付いていた方が
”やっと わかった ”と喜ばれたそうです。

今日は カジキの上端にタナの釘位置を墨付けをする。
次にトダテの上端を切り落とすために
オリイレとハバドコロに棒を立て 水平基準を作って
トダテに墨を入れる。そしてノコで切り落としました。
初めて船にノコをいれました。
墨の線キッチリに切らず1分くらい残して
かんなで仕上げます。
0

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ