2012/6/17

艪と櫓、  
舟を漕ぐ「ろ」に艪と櫓の二つの漢字がありますが
櫓はやぐらの意味もあり
艪が舟に使うには適しているようです。

艪は二つの木材を繋いで作りますが
船上で人が操作する部分を 艪腕 と呼びます。
形状も人の腕の形にちょっと似ています。
水中に入る部分は色々呼び名があるのですが
腕に対応して艪脚が良さそうです。

今改造している艪は中国の漕ぎ方を取り入れるので
中国名 「揺艪」を使いたいと思っています。
発音は YUHLO で、ユーロ が近いのでしょう。
ゆらゆら漕ぐ艪なので 日本語の音のイメージにも
合うのかな と思っています。
クリックすると元のサイズで表示します
写真は伝統的な艪です。長い方が艪脚。
2

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ