2010/6/6  23:13

7回目…  日々雑記

今年になって既にそれだけ病院に行ってます。
診察して精密検査して手術して、また再検査して、今日が2回目の手術でした…件のうちの猫。
先月咽喉のしこりを摘出する手術をしましたが、結果内臓原発のものと判明しましたから、そこ(脾臓)の摘出手術を。
で、入院。
夕方電話して術後経過を聞いてみたら、容態は今のところ安定していて、目に見える顕著な転移も認められなかったとの事なので、取り敢えずは一安心です。
不整脈がでるかもしれないので、まだ2日ほど入院なんですが。
その後継続して抗癌剤治療…人間の場合みたいに、それで副作用が出たり体調が悪化したり、治療が辛いようなら(猫の場合病院に行くだけでストレスだろうし)抗癌剤はちょっと…と思っていたのですが、担当医に訊いてみたら猫の場合そこまでひどい副作用は無いとの事なので、しばらくは治療で通う事になりそうです。

以前にも他の腫瘍の手術をしているので、多分体質的にそういう細胞になりやすい子なんだろうけど、腫瘍関係の摘出手術がこれで5回目で、思わず何でこの子ばっかりと思っちゃいます…。
でも担当医に言われた「治療法の確立している病気なんでまだ何とかできるんですよ」と云う言葉も、それはそれで真理。治療できない病気だと辛いですものね…(口の中にできる癌とかだと、ものが食べられなくて餓死になっちゃうんですよ…それは可哀相すぎる…)。
前の腫瘍があったから体を撫でるときも気になるしこりがないか気をつけるようになったし、その御陰で比較的早期発見(まだ全然症状はでていない)できて、内臓転移もしていない(細胞レベルでは分からないけど)。
辛いけど、大変だけど、最悪ではないよ。
あの子がちゃんとうちに戻ってきてくれて、うちの家族と少しでも長く一緒に居たいって頑張ってくれたらそれでいいです(猫だから人間みたいに無理に頑張りすぎることも無いと思うし)。
個室病室(1匹用ケージ)準備しました〜他のが覗きに来たら落ち着かないだろうから。
明日朝から御見舞い兼経過報告を聞きに行きます(時間が無いので車で病院に行ってそのまま出勤〜)。文句言うぐらい元気が出てたらいいな。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ