2006/7/23  21:13

絶賛原稿中  日々雑記

まだ修羅場には到っていませんが(それはおそらく一週間後…)あわあわ原稿してます。
今日の教訓。
字体ソフト欲しかったらさっさと買っとけ!自分!!
でした。
ワードの字体じゃ追っつかね〜〜。
パソコンが普及して、便利な部分があれば不便な部分もあるのですが、画材屋にインレタが無くなった事が私的にかなり痛い。
でもって、使い慣れた人とかパソコンでのデザインワークしか知らない人は感じないかも知れませんが、人のフィーリングでの微調整が効かないんですよね、パソコンは。
アナログデザインから入っているので、人の目で見て格好いいミリ単位のバランス調整がやりたいのに…。
そういえば、昔写植機で職人さんが写植打ちをやっていた時は、文字送りの微調整は職人さんが目で見てやったと聞いた記憶があります(この文字とこの文字の間は標準サイズで送るより少し詰めた方が均等に見える、とか)。
あちこちの職人さんカムバック。



2006/7/29  11:51

投稿者:水谷乙紀

何か、(絵も含めて)手書き愛好家(偏執狂か)の
人って、そういうとこに妙なこだわりみたいなのが
あって、ちょっと困ってしまう時があります。
畑でイラストコンテストのCGについてあれこれ論議
してた事がありますが、あれも一部の手書き偏執狂
の所為でしょうし…。
ちなみに私はCGもやりますが、あくまで「画材の1
つ」です。ワープロも「字を書く手段の1つ」。それ
でいいじゃん…と思いますが。

2006/7/26  21:36

投稿者:ogiwara

ワープロ〜〜〜(T_T)
私もワープロは残して欲しかったです(切実)
ただ文字打ちするだけなら、絶対ワープロの方が便利ですものね!
ところで私、昔ワープロ導入した時に事務処理や原稿打ちに使ったら、手抜きとか失礼とか云う抗議が来ましたよ。
でもって、去年パソコンでペーパー作ったら「とうとうパソコンで作るようになりましたか。水は低きに流れるのですね」とか言われましたよ。
手書きを愛好してくれているにしても失礼な言い草だと思いません?

2006/7/26  12:57

投稿者:水谷乙紀

そうか、インレタ無くなったんですね…。
私も、本のタイトルのレタリングなどは今でも手書きでやります。大きさや間隔が自由というのもありますが、タイトルは最後に書くので、「最後の大仕事」みたいな感じです。(大げさ)上手く書けたらばんばんざいです♪
最近は皆機械化されてて、そゆのもパソコンなんですね。(あと、ワープロも残して欲しかった…)

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ