意思疎通とは  日々雑記

とにかく今回のコロナ禍で色々な面の遠隔対応を迫られて、そういう狭い日常範囲ですごく自分の本性みたいなものが出ているという実感はしていますが、それとともに意思疎通ができないケースが大量に発生していて・・・。

いや、意思疎通できないというか、すれ違いのケースというか。
目の前で会話していたり行動していたりすると「あれ?伝わっていない?」というのが判別できてその場で補正できるんですが、一方的な通信だとそれができないので、いざというときに「伝わってねぇーーー」となる。
今日はね、タイヤ交換に行ってきたの。
とくにやばかったのが前輪2本で(FFだし)、後輪はもう少し保つよ、ということだったのですが、前2本だけ変えてもなぁ、、、ということで4本変えますとは伝えてありました。
車連れてったら、2本しか準備されてなかった orz
ディーラーの方では「最初に提案した前輪2本」でデフォルトになっていたらしい。
そこから再注文してもらって、夕方届きます、で何とか今日交換終了。
ふぅ。
完全に、お互いに思い込んでいたケースですね。
(いや、これは、遠隔云々は関係ない事案かもしれないけど、結局目の前の事を片づけていくのに一杯一杯で、再確認とかそういうゆとりがないんですよ)

こういうすれ違い案件が大量にあって、一個一個は些細なことなんだけど、積み重ねが地味に圧迫してきます。
「だから言っただろうが〜〜〜」と何度叫んだことか(届いてない)。

当たり前の日常って、何だろう・・・。


因みにタイヤ4本は某給付金を使わせて頂きました。
安全面事案なので許して欲しい。
そしておニュータイヤの走り心地は、新品の硬さ感。この、路面がストレートに伝わる感じが新品!って感じ。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ