2006/11/17  22:51

今更ですが  日々雑記

ようやく見ました『ナルニア国物語』。
レンタルですが〜しかもT屋の半額で(^_^;)
ルーシーが日本人的ビジュアル感覚からしたら今一って事は色々聞いて覚悟していました。欧米的には無問題なの?と思いつつ、いや、しかし他のぺベンシー兄妹も…
なんというか、性格設定に疑問。あれでいいのか!?
全体的に妙に卑小なんですよね。
画像はあんなもん?かもしれませんが、ディズニーがやっているせいかCG部分が何かアニメっぽくて、実写部分と微妙にずれ感があったり。
一言で言うなら「ジェイディス陛下万歳」な作品でした。
いや、それぐらい白い魔女が他のキャラ喰ってたよ(笑)。二刀流も格好良かったし。
日本語吹き替えで見て(聞いて)いたのですが、迫力も当然、吹き替え太地真央さんだ。しかも吹き替えクレジットがぺベンシー兄妹もアスランも押しのけて一番だし。

日本で人気のある海外古典FT(こう云う表記もどうかと思いますが…)で、指輪(LotR)・ナルニア・ゲドと来て、ナルニアがこれでゲドがあれですから、私感としては「指輪一人勝ち!」です。
指輪も突っ込みどころはありますが、それを言わせないだけのスケール(一説にはニュージーランドの勝利とも…^^;)とか、作り手の想い入れみたいなものがありましたし。
ナルニアは…カスピアン王子もやる…んですよね、確か?
映像的に面白いのはあさびらき丸の方でしょうけど、2作引っ付けちゃうんでしたっけ??見所はリーピチープ?また主役を喰いそうだなぁ。
もう少しこなれていてくれる事(色々と)を希望。



2006/11/21  20:48

投稿者:ogiwara

あ、私もタムナスさんはOKです。
カーク教授もかなぁ。
ルーシーはどの映像化を見ても「勘弁して〜」なキャスティングですよ。子供の可愛さが、日本人と欧米人では見方が違う(欧米人は、彫りが深くて将来顔がでかくなったら美人になるだろうタイプを良しとする、と昔聞きました。だから子供として可愛くなくてもOKだとか)らしいので、何とも言えませんが…やはりポーリン=ベインズの挿絵愛好家としては…ちょっと…。

2006/11/20  12:15

投稿者:水谷乙紀

「ナルニア」はねー、前売り券買ってたから見に行きましたけど…とにもかくにも「ルーシーが金髪じゃ無い!」で全てがパーですわ。私もジェイディス様万歳でした。(アスラン…は、本物のライオン出す訳にいかんから、あれはしゃーないのかも…)あと、タムナスさんも許可。しかし、子供達が…あれでずっと行くのかねえ。ぶつぶつ…。あと、今後のナルニア歴代の王様達にはとても不安でございます。
今後公開のは多分地上波待ちでしょう。ルーシのキャスティングを替えない限り(ひつこい?)

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ