2010/3/1  21:33

フラワーギフト  日々雑記

花は、贈るのも贈られるのも好き。
自分の好きな花があると、とても嬉しい。
ここ2週間ほどの間に、2回花を贈る機会がありまして。一つはネット注文でアレンジメントを、一つは自分で好きな花を店で選んで花束にして貰って。

アレンジメントは、出来合いのサンプルアレンジではなく、花とイメージを伝えて予算決めて作ってもらう形式でした。
一応サンプル画像もサイトに載っていたので、何番と何番のアレンジを足して割ったイメージ・グリーンメインに濃紅のカラーが入手できたらそれ+紅系の花を差し色に…てな具合に発注したアレンジは、出来上がってみると予想以上に緑の色が濃く仕上がっていたので殆どジャングルの様になっていました(苦笑)
…カードに『二人展ホッキョクジャングル開催おめでとうございます』と入れて貰ったせいですか?ジャングルイメージだと思ったんですか〜?
カラーが好きなので、あれば思わず使ってしまいます。
注文で入れて貰った濃紅のカラー(色名的にはシュヴァルツなんで黒扱いになるか?)は、それはふんだんに使ってくれてましたが…そのせいで色味が沈んだってのはここだけの話です(3本ぐらいでよかったんだけど)。
でもね、あれば入れちゃうんですよね、やっぱり。カラー。
花束の方は、いつも自分で花を選んで作ってもらうのですが、最初に白(但しクリーム化掛かっている)のカラーが目に付いて迷わずチョイス、次に薄紫のトルコキキョウに目が行ってそれをチョイス…してしまうと、後はもうクリーム〜黄色系→紫の補色で纏めるしかない選択に…カラーの次に選んだ薄紫が失敗だったか!
まぁ、お供えの花束なんでその色選択は間違ってないけど…間違ってないけど!いかにもな花束にするのが嫌だったのにな…!。
薄緑系の花が入っていたら迷わずに緑+クリーム色系+くすんだローズ系でアンティーク花束にしたのに(改まった目上の相手ならとも角、そうじゃなかったら、お供えは故人なんだけど、今生きている・渡す相手が喜んでくれるものを…と思うので、やはり多少は色味のきれいな花を贈りたいのですよ)。
花は、見たときに気に入った花が次に買いに行った時にもあるとは限らない(仕入れは週3回なの)ので、本当にイメージ通り…ってのは中々難しいです。
花束は、実は今日持っていったのですが、その店の店頭に新入荷の切花でチューリップやヒヤシンスが色々入っていて、流石に花束にするには可愛らしすぎるラインナップなんですが、アレンジには使えるかも…と思ったら、久々に自分で作ってみたくなりました。
ただし。
次に見に行った時にもあるか…は謎ですの。




コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ