craft cafe in kasama

陶工房の現場&笠間エリアのご案内。NET CRAFT作家の工房とを繋ギマス!

 
NETSHOP「陶睡舎」 お客様からの盛付画像満載

プロフィール

茨城県笠間焼陶工房からのブログです。

テンキ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:linus
レスついてたとは知りませんでした。w
そ、そうでしたっけね?!
多分その時理解してなかったのだと思います。

釉薬調合ですか、
指導所ばりの設備があれば
面白そうですけどね。
(貸してもらえるんでしたよね?指導所)
確かに金はかかりますが、、w

投稿者:binn
◇linus
窯点火前で暇 笑

前から粘土系入れて流れなくすれば例の黒感は出せるハズとは話してたべ!
少し釉薬調合やろうかな
金かかるけど・・・

で、ヤル?

http://wave.ap.teacup.com/binns3d/
投稿者:linus
なるほどそうなのですね。
解説ありがとうございます。

ガイロ目でしたか。
釉薬の調合は難しいですねぇ。
投稿者:binn
◇linus
低膨張率の素地だから焼き締まらないように低温なんだよね
高温素地開発は少し砂っぽいけどね!で釉薬の範囲は広まるけど、耐熱はペタ含有だからマット系でしょうね〜
土鍋土のほうが良かったりして
市場にはRFの素地もあるんだけどね
釉薬も造らなきゃだからに

イス灰釉、ガイロ目増やしてやっと完璧になったヨン
早く気がつけよ!つうところ?
コンプの後、エンボスというかナイロン系手袋で持てば指跡&指紋つかない!
今年になって気がついたよ
早く気がつけよ!つうところ 完璧に

http://wave.ap.teacup.com/binns3d/
投稿者:linus
たまってる所が白濁しているので、
そうなのかなぁとも思ったのですが、
そうだったんですね。
(低温だから透明が溶けないのかとも思ったんですが、、)
土鍋って1250度でも焼けるんですね。
低温で焼くものとばかり思ってました。
(そもそもどうして低温で焼かなければならないのかは知らないのですが)

Tヨダさん頑張ってるのですね〜
懐かしい。
投稿者:binn
◇linus
耐熱釉、基本はマットなのよ
これ、指導所Tヨダ君から貰ってきた素地&白マットなんだけど、量が少ないからアンタ
白マットにならないのよ
内側厚掛けしたかたが
ここだけの話
RFではだめなのね
OF焼きしまり限定1250度だから
粉引きの窯で今回SK8完倒しちまって、土鍋にはいいんだけどどうなんでしょ〜
OFオンリーなら外で素地買うしかないもんな〜
耐熱研究会、ツウのをTヨダ氏中心にやってるのよね

で、ヤル?

http://wave.ap.teacup.com/binns3d/
投稿者:binn
◇おやびん
いや〜こっぱずかしいしいほど個性なかんべよ〜
試験用に政策ですからね〜

月見酒、窓越しじゃないと寒いね
もちろんそのまま寝ちゃうのよ〜 笑

http://wave.ap.teacup.com/binns3d/
投稿者:binn
◇KIRA
とりあえず飯碗買いなさい 笑
土鍋だめかもよ〜
耐熱試験今からだからねー

http://wave.ap.teacup.com/binns3d/
投稿者:linus
赤土に透明釉でしょうか?
普段はあまり好きな色でもないですが、
この写真を見たときは
形と合っているような気がして
カッコ良い!と思いますた。

ヨーロッパカントリー風
とでも申しましょうか。
グラタンなども合いそうですね。
投稿者:hirocchi
わぁ〜〜〜〜
素敵じゃないですか〜〜♪♪
binnさん、オリジナル土鍋、カッコいいぃ〜〜

月見酒、いいですねぇ〜〜
知らないうちに寝てしまいそう・・・笑

http://happy.ap.teacup.com/hirocchi/
1|2

メッセージBOX

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ