2011/6/10

男前な話  

先日の「朝ズバ!」で被災地岩手県のバス会社様が、震災当日の出来事と近況を語っていました。あの日、地震直後から多くの乗務員は会社に集まり、バスを高台へ非難させるため各自がハンドルを握り30数台のバスの内、22台は難を逃れることができた!という話。素晴らしいと感じたのは、乗ってきた車や停めていた自分の自家用車よりもバスを運転して非難したという行動。そして乗務員自身の家族の安否は不明のまま、レスキュー隊の輸送等の為、ハンドルを握りボランティアに徹した行動。。。。。男前すぎる。そして現在は廃車したバスを事務所代わりにして、たった2台の携帯電話で営業を続けているそうです。
岩手・宮城・福島では200台以上のバスが被害に遭ったそうですが、日本バス協会より募集を始めたところ全国から300台以上の車が提供されようとしているそうです。私たちの国も捨てたもんじゃないですね。そして同業者として出来る何かを探し続け、少しでもその人たちの心意気を見習いたいもんです。。。。
4



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ