JK6SEW WebLog

〜コンテストへの復帰を目指して〜  自宅シャックから復帰するつもりが、環境変化で更に延期状態 orz

 

6年ぶりくらいに回った約5年近くも「回らず」の我が家のアンテナ。
あれだけ無線一色の生活が・・・。無線、特にコンテストへの復帰を目指し、日夜奮闘中? 当面は実家シャックとの往復を続けながら、自宅での運用を実現するため今年は特に重要な年。別宅シャック時代に比べると雲泥の差の設備とロケですが、今後は別宅のタワーとアンテナの移設を少しずつ行いながら、復帰の準備をします。敵は嫁さんと娘か?(笑)

所属する団体「鹿児島県建築士会-川薩支部」、特に青年女性部の活動なども掲載したいと思います。

以前のHPはこちら

## 記事の投稿は私だけができますが、コメントはどなたでも書き込めます。
## 記事の下にある「コメント」をクリックして下さい。

プロフィール

JK6SEW
ex.JR6QDL(1978-1982)
ex.JR6VNC(1982-1998)
第一級アマチュア無線技士
鹿児島県薩摩川内市(4616)
・固定局 1.9MHz〜28MHz
        500W
     50MHz 100W

・移動局 1.9MHz〜430MHz
      50W

カレンダー

2020年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

過去ログ

JH3YKV最新記事

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ja2kcy/松
最適値があるかどうかは知りませんが、なんとなくハイLの方が、トラップ効果がありそうですよね。(それと次のバンドの短縮効果もあるし..)
私は、Cが15〜20pFになるように(同軸が20cm以下になるように..)計算しました。(工作上の都合でもあるのですが)
投稿者:JK6SEW
そうなんですよね。コイル+同軸Cなら、調整も楽そうです。 重さは軽くなりますか?… あ、C少なくできるから軽くなりますね。

ところで、最適なLとCの比率?ってあるんですか?
投稿者:ja2kcy/松
今晩は。
私も以前同軸によるトラップを試しましたが、結構工作が大変なので、エナメル線のコイルと同軸によるCのトラップでのワークバンド・ダイポールに変更しました。(これならハイL・ローCでも、ローL・ハイCでも自在ですし、軽く出来ますよ。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ