karin's English Writing U

 

カレンダー

2019年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

QRコード

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:morinoringo
karinさん
こんにちは。
NHK学園で松本侑子氏のレクチャーを受けてこられたのですね。
「赤毛のアン」は、よく知っているのに、本を読んでいないことに気がつきました。
と、いうのは私の8歳年上の姉の愛読書だったからです。
子供の頃、その本は私よりずっとお姉さんが読む本だと思っていて、ついつい今まで読んでいませんでした。
先日、高島屋で催された「赤毛のアン展」で、「村岡花子の世界」という本を買ってきて一気に読みました。
NHKの朝ドラ「花子とアン」は、村岡花子さんの生涯とは異なるシナリオになっていますが、それはそれで楽しめていいと思います。
赤毛のアンを原書で読まれたkarinさんが、羨ましいです。
翻訳本とは違う感動もあるでしょうね。

今朝は、4時50分に家を出発して、茶臼山の芝桜を見に行ってきました。寒くて長い時間は見ていられませんでした。


投稿者:こめっと
こんにちは。

赤毛のアンのお話で盛り上がっていますね。

私の母(岐阜在住)に連休に会いに行きまして
朝ドラを一緒に見ていて母が言いました。

私の子供のころに学校に村岡花子さんが講演に来たわよ。
一回お会いしているからこの朝ドラも楽しく見ているわ。

お母さんすごい!と思いましたが(笑)

よしえさんのお母様はご一緒に翻訳されたことがあるのですね。

皆様ご立派な方ですね。
投稿者:karin
よしえさん こんばんは

この4月からNHKの朝のテレビ小説の主人公が村岡花子さんです。もっともドキュメンタリーではないので、かなり脚色をしてあって、「赤毛のアン」のアンを想像させる部分がた〜くさんあります。そんなわけで、今、このような講座が設定されたのだと思います。

そうでしたか!よしえさんのお母様は村岡花子さんと共同で翻訳をされたことがあるのですか、、、もしかしたら私も存じ上げている有名なお方かもしれない、などと想像しております。村岡花子さんは大変有名な方です。よしえさんも本を出版されていますし、お母様もよしえさんもすごいですねぇ。

ありがとうございました。

http://wave.ap.teacup.com/karin02/
投稿者:karin
Dear ki-san,

You read the book Anne of Green Gables
when you were young. Did you enjoy it?
I hope you did!

Yes, the book I bought the other day is very interesting.
I’m interested in it.

Thank you, ki-san.


http://wave.ap.teacup.com/karin02/
投稿者:よしえ
karinさん、こんにちは!
これも面白そうな講座ですね。赤毛のアンは読んだことがありませんが、今からでも、読んでみてもいいな〜って思いました。

母が若い頃、友達といっしょにオルコットのある小説を翻訳して本を出したのですが、その時、村岡花子先生にご指導頂いたので、共著にさせて頂きました。ドラマになるぐらいの方だったとは! 驚きました。
投稿者:ki-
Dera karin-san
Good evening.
The Title is interesting.
You hear the lecture you will learn many things.
I've read 赤毛のアン was young.

(赤毛のアンに隠されたシェイクスピアい) It is this seems to be interesting.

http://blog.goo.ne.jp/3721k1358
投稿者:karin
Hanna-Dannaさん こんばんは

2008年が初版発行から100年でしたから、あっという間に106年!ですね。

ちょっと極端かもしれませんが、私は文学作品の場合、原書と翻訳本は別の作品だと思っています。だから翻訳者が一番よいと思う翻訳にしたらいいのかな、と思っています。Hanna-Dannaさんのおっしゃるように私も「正解」というのはないと思います。源氏物語は原文を朗読するのが一番好きです(^^)。

赤毛のアンシリーズも大勢の人が翻訳していますね。実は私は「赤毛のアン」の翻訳本を読んだことがないのです(^_^;)。原書で読めるものは原書で読んで、一人で楽しむことにしています。

ありがとうございました。


http://wave.ap.teacup.com/karin02/
投稿者:karin
しょこらろーずさん こんばんは

弟さんが国立市に住んでいらしたことがあるのですか!それではよくご存じですね。何だか嬉しいです。

私は原書で読んでしまった本は、翻訳本を読まないことにしています。自分が原書を読んで感じたものでOKなのです。翻訳本を先に読んでしまって、原書が読みたくなることはありますが。まぁ、作品を研究する人はいろいろな人の訳を読んで、研究するようですね。

今は英語も日本語も忘れる一方で困っています。私はラジオの英語番組を2つ聴いていますが、テレビで勉強したことがありません。あとは公民館や国際交流協会で、外国人の先生のサークルに入っています。

今、バラがきれいですね。私もバラの種類の多いのには驚いてしまいました。しょこらろーずさんのベランダでは四季咲きのバラが咲いているのですね。コーヒーを頂きながらバラを愛でる・・・いいですねぇ。

ありがとうございました。

http://wave.ap.teacup.com/karin02/
投稿者:Hanna-Danna
こんばんは。
アンも100年以上になるのですね。翻訳には、言葉の選び方や、
正確性に重きを置くのか、文章のリズムに重きを置くのか、はたまた
日本人になじみのない世界であれば、原書以上に解説するのか、また
思い切って省いてしまうのか、正解はないと思います。我田引水に
なるかもしれませんが、わたしは「その時代その時代の翻訳があって
良い」と思っています(現に源氏物語などは、さまざまな方が訳して
おられますね)。異論はあるかもしれませんが。

http://plaza.rakuten.co.jp/hannadanna/
投稿者:しょこらろーず
赤毛のアンの翻訳は村岡花子さんだけでなく
松本侑子さんの翻訳がある事知りませんでした。
国立市は弟が昔住んでましたから行きました。
沢山の講座があるのですね。
播州加古川では、朝日カルチャーセンター
があります。神戸、大阪に出て行かないとダメですけど。
赤毛のアンは読みました。遠い昔ですが。
原書で読まれたなんてすばらしいです。
英語が読めると世界が広がりそうです。
英語の基礎はテレビで学ぶとよいですか。

バラが綺麗です。バラ園も数年前に行ったきり
ですが種類の多いのに驚きました。
今、ベランダで四季咲きのバラが咲いています。
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ