karin's English Writing U

 

カレンダー

2019年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

QRコード

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:karin
よしえさん こんばんは

はい、海の向こうに見える場所もあり、市街地からも見える場所あり、、、、ビューポイントは何か所かあるようです。立山連峰は眺めているだけで魅了されますね。

富山市や立山ときくと当時のことを思います。元気なうちにもう一度立山連峰を見に行きたいと思います。

ありがとうございました。

http://wave.ap.teacup.com/karin02/
投稿者:よしえ
Karinさん、こんにちは!
面白そうな映画ですね。立山連峰は憧れです。
富山で海の向こうにあるように見える山ですよね?
フランスに来た、ある日本映画で立山連峰の景色を見てから魅了されました。
富山県は素晴しい景色に恵まれていますね。
Karinさんの思い出深い地なんですね。

http://happy.ap.teacup.com/123789/
投稿者:karin
ニックハイムさん おはようございます

何年ぶりでしょう!お会いできて一緒に歩くことができて本当に嬉しく思いました。生き生きと生活していらして、私もがんばって生きていこう、と思いました。

ニックハイムさんは私の素晴らしい先輩でいらっしゃいます。これからもどうぞよろしくご指導くださいますようお願い致します。

この映画の山の映像は素晴らしいです。是非機会があったらご覧くださいませ。それにしても昔一緒に歩いた八島湿原、、、懐かしいです。

ありがとうございました。

http://wave.ap.teacup.com/karin02/
投稿者:ニックハイム
karinさん、こんばんわ!
今日は久しぶりにお目に掛かれて嬉しかったです!
立山の映画、私も観てみたいです。
Oh, how I miss those happy days!
沢山の楽しい想い出をお持ちで羨ましいですよ。ご家族の皆さまの豊かな愛情に包まれて過ごされていらしたkarinさんの人生、今も輝いておいでです。
頑張って元気で生きて行きましょう。
投稿者:karin
morinoringoさん こんばんは

お帰りなさい!お元気でおかえりでしょうね!嬉しいです。お留守のことが分かっていてもつい毎日訪問してしまいます。そして「お留守で寂しいな。イギリスは遠いな。」なんて思ってお帰りをお待ちしていました。ゆっくりお休みになられてお疲れを取られてからイギリスの旅のことをアップなさってくださいね。楽しみにしています。

ありがとうございました。

http://wave.ap.teacup.com/karin02/
投稿者:karin
長崎沙織さん こんばんは

そうなのです、、、名カメラマンの木村大作氏が監督・撮影・脚本まで担当していらっしゃいます。

「人の温かさや爽やかさに触れながら、自分の居場所を求めて生きて欲しい」

このメッセージはあの立山連峰の映像を見ていれば、自ずと伝わってきます。

私の結婚生活は7年10ヵ月ですが、その一日一日を全て覚えているかのように錯覚してしまいます。富山での3ヶ月間は本当は「明るい希望への序章」になるはずだったのですが、、、人生はいろいろありますね。いつも過去を思い出して今を生きている私ですが、、、頑張って生きたこと、笑顔でいきたことをあの世で主人にちゃんと伝えたいと思います。

ありがとうございました。

http://wave.ap.teacup.com/karin02/
投稿者:karin
haruchanさん こんばんは

富山市での生活はたった3ヶ月だけでしたが、主人との7年10ヵ月の年月の中の3ヶ月はやはり大きいですねぇ。

冬の立山連峰は、そして幸せの絶頂の中にあって仰ぎ見る山は「将来への希望」そのものでした。haruchanさん、素晴らしいですね、ご家族で登られたり、立山から剣岳まで縦走なさったり、、、山と向き合って生きてこられたharuchanさんにはこの映画はまた特別かもしれません。いかがでしたか?

父は生活の中の出来事を全て短歌に詠んでいました。69歳で亡くなりましたが、、、、私はもうとっくに父のその年を超えてしまいました。父の歌を読みますといかに愛されていたかが分かり、いつもほろりとしてしまいます。

ありがとうございました。

http://wave.ap.teacup.com/karin02/
投稿者:morinoring
karinさん
こんにちは。昨夜遅くに、帰国しました。
旅行中のコメント、有り難うございました。

私も、この映画を見に行きたいと、思っています。
投稿者:長崎沙織
karinさん こんにちは。
立山には思い出がいっぱいなんですね。
この映画は名カメラマンの木村大作さんが
監督をされてると聞きました。
素晴らしい映像だったことでしょう。
スクリーンの向こうに
あの頃のご主人や幼い娘さんとの暮らしを
思い描いておられたのかな〜と思うと
胸が熱くなります。
いい映画に出会えて よかったですね。






http://blog.goo.ne.jp/nisizaka_2009
投稿者:haruchan
karinさん 今晩は。
karinさんは立山にいろいろ想い出がおありなのですね。新婚時代は富山市に住んでいらしたのですか。
冬の立山連峰はさぞ美しいのでしょうね。
karinさんのお父様はお孫さんの誕生を大そうお喜びになられたのですね。

贈られた短歌はスケールが大きくて気高きお歌ですね。

実は明日この映画を観に行こうとおもっています。立山は娘達が高校生のときに家族旅行でいきました。その後、山友達と立山から剣岳まで縦走しました。夏山でしたので厳しい冬山の剣岳を見て見たいと思っています。良かったですか?
1|23
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ