karin's English Writing U

 

カレンダー

2019年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

QRコード

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:karin
しょこらろーずさん こんばんは

狂言もいいですね。今回はお能の1演目だけでしたが、昨年は狂言もみました。ご友人が狂言の家元に嫁がれていてよくご案内があるのですね。嬉しいですね。
そうなのです、お能も狂言も思わずにその世界に引き込まれてしまい、現実を一瞬わすれてしまいそうです。おたがいにこれからも楽しんで行きましょうね。

ありがとうございました。

http://wave.ap.teacup.com/karin02/
投稿者:しょこらろーず
おはようございます。お能に行かれたのですね。
能舞台は大阪ですが時々行きました。
友人が狂言の家元に嫁ぎ、その関係で行きました。
今は能&狂言になっています。狂言を沢山見ました。
富士太鼓は知りません。狂言を見ているとゆっくり
時が動いて笑いもあります。楽しいひと時をすごせたと思います。
投稿者:karin
kashoさん こんばんは

プロバイダーを変更なさってメールアドレスもお名前も変わったのですね、お知らせいただきありがとうございます。

私は残念ながら日本の伝統芸能をあまりよく理解していないのですが、こうして能楽鑑賞をしているとその世界に引き込まれてしまいます。素敵な時間でした。

ありがとうございました。

http://wave.ap.teacup.com/karin02/
投稿者:karin
クロちゃんさん こんばんは

クロちゃんさんのお住まいの秩父は神社仏閣が多く有名な祭礼も多く歴史のロマンがたくさんあるところと想像しております。能楽や歌舞伎も盛んなのではないでしょうか。

能楽鑑賞は2回目ですが、能楽堂に入ったとたんちょっと日常から離れて遠い昔の時代にいるような気分になります。こういう時間を持つのもいいものですね。

ありがとうございました。

http://wave.ap.teacup.com/karin02/
投稿者:kasho
おはようございます。karinさん、
いつも見ていただき、見せていただき有難うございます。このたび、メールアドレスと名前が変わりましたので、お知らせいたします。
珍しい日本文化を見てこられたのですね。素敵ですね。珍しいものを見せていただき、楽しませてもらいます。

http://moon.ap.teacup.com/monjolie678/
投稿者:クロちゃん
karinさん、おはようございます。♪
日本の文化を感じる時間を過ごすのも良いですね。
私は日本史好きで能楽や歌舞伎も興味あります。(^^)/


http://white.ap.teacup.com/kum_kurosawa/
投稿者:karin
morinoringoさん こんばんは

日曜日、友人たちと出かけてきました。二回目の能楽鑑賞でした。演目の前後に説明がありとてもよかったです。

「富士太鼓」は夫を殺された妻と娘が舞うのですが、38歳のお父さんと9歳の息子さんが、妻役と娘役を演じました。9歳の少年がこれだけの演技ができるなんてすごい、と思いました。感動しました。

こうして非日常の舞台に身を置くのもよいものですね。

ありがとうございました。おやすみなさいませ


http://wave.ap.teacup.com/karin02/
投稿者:morinoringo
karinさん
こんばんは。
日曜日は、ご友人とお能を観に行かれたのですね。
富士太鼓は、父子で演じられたのですね。息子さんは、まだ9歳なのですか。
日本の伝統芸能が着実に受け継がれて行くのをご覧になって、感動されたことでしょう。
本当に、素晴らしい日曜日でしたね。



http://sun.ap.teacup.com/ringo
投稿者:karin
ヒロさん おはようございます

今、能楽入門書で「全国の能楽堂・能舞台案内」を調べてみました。63カ所載っていましたが、残念ながら北海道には一か所もありませんね。残念ですね。でも札幌では子供のための能ワークショップなどが開催されているようですから、きっと何等かの形で能楽を学んでいる子供たちがいるかもしれません。

いつかヒロさんにもお能を観劇していただき静かな世界をお楽しみいただけたら、と思います。

この装束が刺繍ではなくて織られたものだと知ってびっくりしました。確かに刺繍をしたのでは重くなりますから舞うのに不都合ですね。それにしてもこれを「織る」というのもすごいことですね。知らないことがいっぱいのお能の世界で自分なりにその世界を楽しんできました。

ありがとうございました。

http://wave.ap.teacup.com/karin02/
投稿者:karin
よしえさん おはようございます

タイトルからすると太鼓の演奏かと思ってしまいますね。太鼓の演奏といえば佐渡で生まれた「鼓童KODO」の演奏を思い出します。今頃はアメリカで公演中ですね。心臓の鼓動にぴったりときて心を揺さぶるあの演奏、、、もう一度聴きたいです。

今回のお能の演目の富士太鼓も、その迫力のある演技に感動しました。お父さんが富士の妻役、9歳の息子さんが娘役で、息の合った切ない場面を演じるのですから、、、感動しました。子供たちがこうした伝統芸能の世界で頑張っていることがとても嬉しかったです。

お能のパリ公演はまだないのですね。歌舞伎の海外公演はよく聞きますが、いつかパリでも日本の伝統芸能能楽を鑑賞できるとよいですね。

ありがとうございました。

http://wave.ap.teacup.com/karin02/
1|23
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ