karin's English Writing U

 

カレンダー

2019年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

QRコード

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:karin
花菜さん こんばんは

不思議ですね、ラジオから流れてきた言葉で60年代に引き戻されるのですから、、、60年代はそれほどに輝いていたのですねぇ。過ぎてみるとなおさらそう感じます。

花菜さんに於かれましても1960年代はまさに青春時代そのものだったのですね。こうして一緒に同じ時代に生きた頃を懐かしく思うというのも嬉しいことですねぇ、、。

花嫁姿っていつ見てもいいですね。この日のことも懐かしく思い出しています。ああ、人生は思い出の連続ですね。

ありがとうございました。

http://wave.ap.teacup.com/karin02/
投稿者:nokko
karinさん、こんばんわー。
私は1960年代後半が青春の真っただ中でした
あの頃はよい時代でしたね〜、ラジオが楽しみの一つでしたね。
誰もが輝いていた時代と言うものがありますよね
今のような便利なものは何もない時代でしたけど
電話、TV、洗濯機、冷蔵庫など次々と出来ていって
洋画も素敵だったし「ローマの休日」は叔母に連れて行ってもらって感動でした
映画音楽もどれも素晴らしく抒情的でしたしね。
karinさんの花嫁姿・・モデルさんみたい!
娘さんのお洋服が時代を感じさせますね〜。
ご主人を亡くされてからのご苦労、大変でしたでしょうが
今は穏やかな暮らしでお幸せになれて良かったですね〜(^^♪
どんな苦労をした方でも輝いていた青春時代というものがあると
いう事を改めて思い返しました。
そういう意味では私も今を満足な日々と思わないと
罰があたりますね(^-^;
こうしてkarinさんの今までの人生を見せていただき聞かせていただいて
短いようで長い人生だったのかなぁとも思います。
karinさんは今を楽しんで過ごされてるのでそれもまた
輝いている人生ですね〜、いつまでもご健康で日々お幸せにお過ごし下さいね♪



http://かりnsann,konnbannwa-
投稿者:笑子
美しい花嫁姿ですね〜〜〜〜〜感動です
最後の写真も無邪気で愛らしい・・・・
素敵な1960年代の思い出の写真たち(*^_^*)

私は1963年生まれなんですよ
高度成長期のいい時代でしたね♪

今日は、足利に出向き、足利銘仙を着てきました
明日アップできたらしようかなって思います(*^_^*)

http://syouko.3rin.net/
投稿者:花菜
karinさん〜こんばんは


幸せな1960年代を過ごされた色々な思い出の日々を
思い浮かべられたのですね。

学生時代 ご結婚 お嬢様の誕生と・・・

ご主人様を早くに亡くされご苦労も多かったと思います。が
今はお幸せです。

私も1960年代は青春時代想い出多い時代でした(*^_^*)
改めてその時代を思い浮かべました。(^^♪

それにしても花嫁姿のkarinさんスタイルもお顔も
素敵 惚れ惚れしました。

投稿者:karin
しょこらろーずさん こんばんは

そうでしたか、しょこらろーずさんも学生運動に参加なさいましたか!私よりもかなりお若くいらっしゃいますから、きっと1970年代の学生運動でしょうね。参加せずにいられないお気持ちだったのでしょうね。

1960年代は私の青春時代、忘れることのできない時代です。こういう時を過ごせたことを感謝しています。写真をご覧いただきありがとうございます。あ、美人ではありません(^_^;)。

すべて終えて今は天命を待つのみ、日々を大切に楽しく生きたいと思っております。

ありがとうございました。

http://wave.ap.teacup.com/karin02/
投稿者:karin
絆さん こんばんは

樺美智子さんの死は学生運動の象徴的な出来事でしたね。そして学生運動はさらに激しくなっていきました。過激派とか革命とか新左翼とか、、、だんだん激しい単語が普通に使われるようになりました。今では考えられないですねぇ。

花嫁姿は、どなたの花嫁姿もいつ見てもうっとりしますね。私のこの花嫁姿はタクシーで夫の家に向かう前に写真屋さんで撮って頂いたものです。そうなのです、あの頃はこういう衣装でしたね。

過ぎてみてば夢の如し、ですね。本当に頑張って生きて今日を迎えていることにいつも感謝しております。やっぱり見守られているのですねぇ。

ありがとうございました。

http://wave.ap.teacup.com/karin02/
投稿者:karin
ringoさん こんばんは

樺美智子さんの死は衝撃的でしたね。ringoさんは小学生でいらっしゃいましたか。これ以降学生運動は激しさを増していったように思います。私の高校時代は先生方が政治のお話をよくなさいました。授業よりも熱心な先生もいらして、授業が進まないのです。

そういう時代でしたから大学でもいろいろな政治的な勧誘が多かったですね。私はとにかく勉強したい!と思っていましたからノンポリで過ごしました。

青春時代を過ごした60年代はやりたいことを全部やって輝いていました。夫と巡り合えたことも感謝しております。短い結婚生活でしたが全てを与えてもらったような気がします。

おたがいに健康に留意して天命が下されるまで頑張って生きましょうね!

ありがとうございました。

http://wave.ap.teacup.com/karin02/
投稿者:しょこらろーず
樺美智子さん覚えています。
私も何度もデモに参加しました。大きな事は出来ず
気持ちだけです。
karinさんの学生時代、そしてお嫁さんの写真、やはり美人ですね。大変な時代を越えて今はお幸せで
何よりだと思います。思い出写真有難うございます。
投稿者:karin
エンピロさん こんばんは

「知的な顔立ち」「着物姿に惚れ惚れ」などのお言葉を頂き、図々しくも嬉しく思っております。ありがとうございます!

18歳で親元を離れ、新潟市で間借り生活をして通った大学、この4年間は最高に幸せでした。静かに勉強できるお部屋を探して4回もリヤカーで引越しをしました。とにかく勉強したくてたまらず、学ぶことが全て新鮮でした。

私が大学を卒業した後も学生運動はずっと長く続きましたね。ホント、怖いくらいのこともあったでしょう。現在の学生達からは想像できませんね。

ESSには他学部の学生たちも大勢いて学年もいろいろで楽しかったですね。エンピロさんもESSで英語を鍛えられたのですから、また機会がありましたら英会話を是非お楽しみください。

体が弱かった私は「夫が医者だから大丈夫」などと思ってすっかり甘えん坊になっていました。でも夫に「本当にごめんね、白血病で、後1年しか生きられないと思う。死ぬのは怖くないけれども、あなたとYちゃんがどうやって生きていくかだけが心配でたまらない。働いて欲しい。」と言われた瞬間、私はしゃんとしました。

先ず夫に残された日々を充実させるように頑張りました。夫亡き後は夫とのすべての約束を果たすべく必死で生きてここまで生かされてきました。今はもう全てに感謝するばかりでございます。

ありがとうございました。

http://wave.ap.teacup.com/karin02/
投稿者:karin
attchanさん こんばんは

ラジオっていいですよね。大好きです。みなさんからのお便りが読み上げられたり、懐かしいことが話されたり、、、ラジオから「60年代」という言葉が聞こえるだけで「あっ」と思います。

ば〜ちゃんの私にもこんな時代があったのですねぇ。必死で生きて、あっという間にここまで生かされてきました。はい、山の中の小さな高校のセーラー服の少女は体育はいつも評定3でしたが「成績優秀賞」ということで賞状と賞品を授与されました(^^)。

attchanさんの息子さんと私の娘は同い年ですか!嬉しい縁ですねぇ。二人の年子のお子さんたちを育てていらした日々はまさに「奮闘」だったと思います。それに日本中転勤なさっていたのですものね。よく頑張りましたね。

いつか再会することがございましたら来し方をまた話し合いましょう。

ありがとうございました。

http://wave.ap.teacup.com/karin02/
1|2|34
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ