karin's English Writing U

 

カレンダー

2020年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

QRコード

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:はるすみ
マンホールのデザインは面白いですね。
知り合いのアマチュア画家がいっときマンホールに凝ってあちこちのマンホールを写生して歩いてました。
色々な視点があるものだと感心した覚えがあります。
karinさんもその魅力に引かれたのですね。
私もチェックしながら歩いてみますね。
投稿者:地理佐渡..
おはようございます。

カードまであるのか。それはすごい。
まぁ、何派ともあれ現物をまず見な
いことには..(笑)。
小平のデザイン。もちろん初めて見
ました。こうして地元からはじめ、
近隣市町村などのものを少しずつ撮影。
これが良いのです。まずはスタート
を切りましたね。


投稿者:エンピロ
マンホールカードなるものがあるのですね。マンホールの図柄はその自治体の特徴を表しています。特産物や山、湖などの風景、あるいはその市町村の木、鳥、花を取り入れてあるところもあります。

ちなみに四角いマンホールはありません。落ちてしまう危険性があるからです。四角形だと対角線のところを使うと落ちてしまいますよね。丸であれば、どんなことをしても落ちないですからw

これから karinさんの趣味が増えそうですね。

http://green.ap.teacup.com/enpiro/
投稿者:しょこらろーず
マンホールの蓋、一つの芸術作品のようで綺麗
ですよね。小平市はすごくこったお絵かきですね。
小平市は環境が良いのですね。

姫路市はサギ草だったと思います。
投稿者:Hanna-Danna
こんばんは。
かつて住んだ岡山県倉敷市は観光都市なので、
マンホールのふたにも市の花の藤をカラーで
あしらうなどしているのですが、これが市民には
「こんな所にカネをかける必要はないのに」と
不評だったことを思い出しました。
マンホールのふたと言えば、だいぶ前にテレビで、
穴に落ち込まないために円形にしてある、という
ことを紹介していたのを覚えています。
投稿者:karin
attchanさん おはようございます

そうでしたか!マンホールの蓋を作っている工場をテレビで放映していましたか!観たかったですねぇ。こちらにコメントを下さる地理佐渡..さんがマンホールに詳しくいらっしゃるので私も関心をもつようになりました。これからお出かけした時はその市町村のマンホールにも注目してみようと思っています。

小平市でマンホールカードを希望者に配布していることを偶然知り、すぐに出かけました。8月から配布していて残り500枚とのこと、間に合ってよかったです。小平のマンホールの蓋の由来や下水道についての歴史がよくわかりました。

マンホールカードの存在を私も全然知らなかったです。きっと作成している市町村が多いのでしょうね。

帰りに実物を撮影してきました。注意して見ているとあちらこちらにありました。

早速のコメント、ありがとうございました。

Have a nice day.

http://wave.ap.teacup.com/karin02/
投稿者:attchan
karinさん おはようございます

少し前(3週間ほど?)にマンホールの蓋を作って
いる工場をテレビで放映していたのを観ていました。
クイズ形式になっていて最初は何を作っているかは
全くわからず工程を順に追っていって最後に
マンホールの蓋だと云う答でした。

興味深く観ましたがとても高価で驚きました。
各地に設置されてある趣向を凝らしたデザインの
マンホールの蓋の紹介を素晴らしくて感心しながら
観ていました。

カードを作成して配布されているのですか・・
知らなかったです(-_-;)
全国何処でも配布されているのでしょうか・・

rarinさんは小平市のマンホールカードをget、更に帰路には実物も確認なさり良い記念日になりましたね。


http://gold.ap.teacup.com/attchan/
12|3
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ