karin's English Writing U

 

カレンダー

2021年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

QRコード

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:karin
haruchanさん こんばんは

あっという間ですね。私たちも来年は80の大台!驚くばかりです。だから「在宅ひとり死のススメ」を読んでみようと思ったりするのでしょうね。私も最期の瞬間まで自宅で独りで、、、と考えていましたが、かなり意志が強くないと無理かなと思っています。

そうですね、認知症にならないように、寝たきりにならないように心がけたいたいです。haruchanさん、お隣の奥さまとのウオーキングはいいですね!

「在宅ひとり死のススメ」は大勢の人に読まれているようですね。みなさん、関心がある話題ですものね。この本を読んで、上野さんのように独りで寝たきりになってもご自宅で最期をお迎えになる覚悟の方がいらっしゃることは心強く思いました。その他、私の知らないことがいろいろ書かれていて大変参考になりました。haruchanさんも是非お読みくださいね。

ありがとうございました。

https://wave.ap.teacup.com/karin02/
投稿者:karin
kashouさん こんばんは

kashouさんはまだまだお若いから現実の生活を第一に考えてお過ごしくださいね。ひとりぼっちになって自分のことだけを考えればよい状況になると、やはり最期の迎え方が気になり始めます。そういう時にこういうタイトルの本を目にするとすぐに読みたくなりますね(^^)。心構えは大切ですものね。

ありがとうございました。

https://wave.ap.teacup.com/karin02/
投稿者:karin
地理佐渡..さん こんばんは

雪国の風景、本当に懐かしく拝見しております。守門岳の雪景色をみたときは高校3年の卒業式の日に友と語りながら仰ぎ見た守門岳の雄姿を思い出し胸がいっぱいになりました。

今年の雪の風景もそろそろ終わりでしょうか、、、これから雪解けの風景ですね。そして春の風景、、、いつも楽しく拝見しております。

ありがとうございました。

https://wave.ap.teacup.com/karin02/
投稿者:haruchan
karinさん今日は。

80歳に近くなると、自分の身の振り方をいろいろ考えてしまいますね。私は縁があって8老人ホームを見学させていただきました。感想はまだ元気なせいか、最後まで自宅で過ごせたら幸せだなーと思っています。
ウォーキングを一緒に続けているお隣の奥さんと、
とにかく足を鍛えて認知症にならないようにしましょうね、と励まし合っています。

上野千鶴子さんは朝日新聞の人生相談で明快な回答をされるので大好きです。
「在宅ひとり死のススメ」はお隣の奥さんがネットで注文しています。とても人気があるらしく10日たっても届きません。届いたら私もお借りして読ませていただこうと思っています。

karinさん、参考になりましたか?

sann
投稿者:kashou hukuda
karinさん、こんにちは😊

「在宅ひとり死のススメ」の本を買われたのですね
私は、まだどうすれば元気に暮らせるだろうか
娘は、一人で暮らすために何をしようか
などを考え、最近は、混雑しているもののかたずけを考えるようになりました。


http://mayu-yuko.com/
投稿者:地理佐渡..
おはようございます。

お越しいただきありがとうございました。
雪国の風景を連日紹介しているところで
す。そろそろ春めいてきまして、そちら
へと記事をシフトしたいのですが、まだ
春らしい風景も見られないので、今しば
らくは2月中に撮影した雪の風景です。
それらが終わる頃にこちらから少しは春
めいた風景が紹介できればなぁと願って
います。



https://blog.goo.ne.jp/sadonesia
投稿者:karin
よしえさん こんばんは

フランスの高齢者は認知症や寝たきりになったときには介護施設に入所する人と在宅介護で過ごす人とどちらが多いのでしょうね。日本ではできるだけ在宅介護を勧めているような気がします。いつの間にかこういう問題が自分の問題になる年齢になってしまって、、、自分で驚いています。

上野さんの本を読んでみましたが、寝たきりになったときに介護ヘルパーさんが巡回に来て下さるとしても、たった一人でじっと自宅で寝ていることはできないな、なんて思いました。

この年齢になっても「ああ、主人が生きていたらなぁ、こんなに寂しくないのに!」などとつぶやいています。

ありがとうございました。

https://wave.ap.teacup.com/karin02/
投稿者:よしえ
karinさん、こんにちは。

私も他人事ではありません。
1人になるのは覚悟しなければいけませんし、
子供もいませんし。
最期を迎える直前まで、元気であまり他人に迷惑かけないでいたいですが、他人に少しは頼ることも大事かと思うようにもなっています。

ご主人はkarin さんと娘さんが元気でお幸せなので
ホッとしてらっしゃいますね。

https://happy.ap.teacup.com/123789/
投稿者:karin
シクラメンさん こんばんは

お帰りなさい!ご退院、おめでとうございます。無事に全部済んだのですね、本当によかったです。ほっとしました。病院にいるといろいろ考えるところがありますね。私もこうして自宅で生活できることを感謝したいと思います。

ありがとうございました。

https://wave.ap.teacup.com/karin02/
投稿者:karin
笑子さん こんばんは

在宅での訪問看護や看取りなどをしっかり描いているドラマがあったのですね。家族がいなくても自宅で最期を迎える人たちが増えているのかもしれませんね。

>住み慣れたお家で!という強い希望があれば
>今は様々なコーディネートがあるようです

上野さんのこの本を読んで、私も訪問看護や介護保険制度を利用していろいろできることを知りましたが、自分が寝たきりになったり認知症になったら、、、私の場合は無理だ、なんて思ってしまいました。でもここで出来るだけがんばりたいと思っています。

笑子さん、さすがですね!いつも心構えができていらっしゃいますね!

ありがとうございました。


https://wave.ap.teacup.com/karin02/
1|23
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ