karin's English Writing U

 

カレンダー

2020年
← February →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

QRコード

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:karin
suzuranさん こんばんは

今まで教科書で習ったりテレビで見たりしていたところを実際に自分で訪れて見るのはまた感慨無量ですね。

出かける前は何故か不安のほうが大きくて情緒不安定になり、、、だからこそ、その気持ちに打ち勝たなければ、、、などと一人頑張っていましたが、こうして全て終わってしまいますと、行ってきてよかったな、と心から思います。いつも弱気になる私を励ましてくださり本当にありがとうございます。

http://wave.ap.teacup.com/karin02/
投稿者:suzuran
karinさん

なんて素晴らしいご旅行だったのでしょう
どの写真を拝見しても、羨ましくなるばかりです

お話とか、写真でしか見ることの出来ない場所に
本当にいらして、その場所に立たれて、じかに目で
ご覧になられたのですね

本当にお出かけになって、良かったですね
沢山の写真と一緒に、素晴らしい思い出作りを
なさいましたね。有難う御座いました。

http://moon.ap.teacup.com/o5o1/
投稿者:karin
JIMPAさん こんばんは

シェークスピアの作品はまるで名言集であるかのように多くの作品に引用されているそうですが、そのシェークスピアの作品を思い出しながら、「彼はここに生まれたのか、、、」と思いながら眺めました。

シェークスピアはこの地で教育を受け、この地の自然から多大な影響を受けて将来の作品を生み出すことができたようです。このストラトフォードにはシェークスピアの時代の教会や家がそのまま残っているのですから、すごいですね。  ありがとうございました。


http://wave.ap.teacup.com/karin02/
投稿者:karin
よしえさん こんばんは

古いものがそのまま保存されているのは素敵ですね。がっしりとしていて家の中の柱などはぴかぴか光っていました。

木のお皿もありました。最後の一切れのパンで汁をふき取って食べ、それから木の器をぺろぺろ舐めたのだそうです。それでちゃんと残っているのだと現地のガイドさんが説明していました。その木のお皿も光っていました。

何か古いものの中に余裕というかゆとりを感じました。  ありがとうございました。

http://wave.ap.teacup.com/karin02/
投稿者:JIMPA
あの世界が誇る文豪・シェークスピアの生家を随分長い間、眺めていました。何となく幼時から植えつけられてきた彼の思想がわかるような気がします。

この写真だけでなく、ほかの写真を見ているうちにです。生家のお写真の観光客なんでしょうが左端に佇む女性の「物思う姿」がとても深い意味を与えていますね、まるでkarinさんのように感じました。
投稿者:よしえ
karinさん、沢山の写真見せて頂いてありがとうございます。

ほんとうに、しっとりした良い雰囲気の街ですね。
600年前のお家、フランスの田舎に良くある様な素敵なホテルかレストランみたいです。だからそんなに古いなんて信じられません。

ホテルも可愛いです!
投稿者:karin
コスモスさん こんばんは

そうなのです、アン・ハサウエイズ・コティジは15世紀の建物だそうです。その頃の食器なども残っていて、、、、とにかく生活したとおりのものが残っているのです。本当に驚きました。

実際は写真よりもずっとずっと素敵なところでございます。全てが生きている、という感じでした。ホントに自分の国を大切にし、誇りをもっていますね。 ありがとうございました。おやすみなさいませ

http://wave.ap.teacup.com/karin02/
投稿者:karin
shunranさん こんばんは

いつもご覧いただきありがとうございます。目はくれぐれも大事になさってくださいね。書き込みは認証コード記入がずいぶん目を疲れさせます。どうぞ無理をなさらないでくださいね。

今回は文学の旅ということにしておきましょう(^^)。私を知る人には「えっ、karinさんと文学は結びつかない!」と言われそうですが、学生時代に専攻したものに関連したものをこの目で確認出来て本当によかったと思っております。まるで学生にもどったような気分になりました。

shunranさん、目のためにも早めにお休みくださいね。ありがとうございました。おやすみなさいませ

http://wave.ap.teacup.com/karin02/
投稿者:コスモス
600年の建物。すごいですね。写真を見ているとまるでおとぎ話、童話の世界のようです。大切に保存されているところが素晴らしいです。どこの国でも
その国らしさを大事にしていくことの大切さを教えてもらったような気がしました。



http://fine.ap.teacup.com/hiroshijanet/
投稿者:karin
voyager036さん こんばんは

ヨーロッパに行きますと、日本との一番の違いはやはり街並みのように思います。もっとも私の訪れるのは世界遺産などですから当然かもしれませんね。それにしても高層ビルはそう多くはないようです。

古い建物、低い建物、古い道路、石畳、、、なかなか落ち着きますね。日本も寺院や神社、京都や奈良には古くて心惹かれるものがたくさん残っているのではないでしょうか。

私がヨーロッパに行って建物や街並みを見て感動すると同じように、外国の人も神社やお寺や庭を見てきっと感動するだろうと思いました。ヨーロッパと日本はそれほど違いますものね。 ありがとうございました。 おやすみなさいませ

http://wave.ap.teacup.com/karin02/
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ