karin's English Writing U

 

カレンダー

2018年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

QRコード

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:karin
JIMPAさん 

この先、何が待っているのかわかりませんが、全てを自然のままに受け入れて、今日をしっかり生きたいと思っております。娘も私の生き方を理解し受け入れてくれていますので、もう心残りは何もございません。

いつも優しいお言葉お心遣い、本当にありがとうございます。

http://wave.ap.teacup.com/karin02/
投稿者:JIMPA
涙を止まりません。この涙の意味、お分かりですね。

karinさんが、いつまでもお幸せでありますように・・・。

いま、大農地の「スズカケの木」の冬の風景を壁紙にしていますが、あの棚田をまたもとのような壁紙に変えます。日本海のところにアイコンがとても見やすく収まるからです。
投稿者:karin
JIMPAさん こんばんは

はい、あの松林の道はこの写真の左側にございます。あまりに緑がきれいで、小道から撮りました。よく覚えていてくださって、本当にうれしゅうございます。柴犬のブルとぺぺも大好きな小道でした。

松は育つのが早いですね。この松林の右側に行きますと、海が見える高いところに小道がありました。その小道に立って、娘はいつもサックスの練習をしていました。私も一緒に付き添って行き、海を眺めていたものでした。それがもう今は松が大きくなってしまって、海が全然見えなくなりました。

ここから歩いて5分ほどのところに私立の霊園があります。今回、20年ほど前に使用権を買っておいた4uの墓地に私自身の墓石を建立しました。そのお墓には「旅」という文字を彫っていただきました。永代管理料も支払って、そのままずっと放っておいてもよいようにしました。これで全ての準備が整い、ほっと致しました。

夫の姓のままでいますが、いろいろな事情があり、私は夫の家のお墓に入ることはできません。結婚して7年10ヶ月では家族にしてもらえなかったということでしょうか(^_^;)。

バラは私の行く数日前の激しい雨で大半の花が生気を失ってしまったようですが、このバラだけはしっかりと咲いていました。嬉しかったですねぇ、、、、。昭和45年から私の人生半を見守ってくれているバラでございます。

ありがとうございました。

http://wave.ap.teacup.com/karin02/
投稿者:JIMPA
こんばんは karinさん

この松林は、あの松林なんですね。細い小径がありましたが、今回は横からの写真でしょうか?ちょっと向こうに茶色い道があるようですが・・・。

犬を連れて海岸に出る道でしたね。幹が太くなっていないで昔どおりに見えますね。まだそのまま残っているなんて都会では考えられません。過ぎ越し彼方を思って感無量なものがおありだったでしょうね。

バラの色の深さに打たれます。待っていてくれたんですね。散らずに・・・・・・・。
投稿者:karin
marikamoさん こんばんは

バラもいろいろですね。もしかしたら色によって強さが違うのでしょうか。私のバラは、近所の方が水遣りと剪定をやってくださいますが、施肥や消毒はいっさいやっていません。とにかく丈夫なのは嬉しいですね。

今回は墓石が完成したため、どうしても見てほしいという緊急の用でしたから、大急ぎで新潟に帰りました。こちらでは子育て支援がありますから、また大急ぎで帰京、、、こんな風に忙しく過ごせるのも健康であればこそですね。感謝しております。

marikamoさんのバラも私のバラも、ずっとずっと元気でいてほしいですね。ありがとうございました。


http://wave.ap.teacup.com/karin02/
投稿者:marikamo
karinさん、こんにちは(^o^)
少しの時間でも、ふるさとに戻るとほっとされることでしょうね。
それにしても、この薔薇、本当に美しいですね。
私もまったくお手入れしていなかった薔薇が咲いたときには
驚きました!
それから毎年、咲いてくれるので、
「実は薔薇は強い植物なんだ」と、実感いたしました(身勝手ですが・笑)
karinさんの薔薇は、ご近所の皆さんが大切に育ててくださっているのでしょう。
嬉しいお出迎えですね。
ありがとうございました(^o^)丿


http://hello.ap.teacup.com/marikamo2/
投稿者:karin
shunranさん こんばんは

生あるもの、みなそれぞれの寿命があるのでしょうか、このバラは手入れをしたことがないばかりか、あっちこっちと植え替えをやっても、こうして育っているのですものね。

近所の方が剪定したいとおっしゃっていましたから、きっとさらに元気になりますね。額アジサイも蕾をつけ始めていました。みなさん、こうしていつも家周りを注意してみていてくださるので本当に感謝しております。  ありがとうございました。


http://wave.ap.teacup.com/karin02/
投稿者:shunran
karinさん、バラいいですねぇ
主人が留守でもこんなに綺麗な姿を見せてくれるなんて愛しいですね。

バラはとても虫が付きやすく病気にも罹りやすいので、こんなに立派な姿に咲いてくれますのは、きっとご近所の皆様から可愛がられているのでしょう。

うれしいですね。

http://love.ap.teacup.com/shunran/
投稿者:karin
Hanna-Dannaさん こんにちは

うわ〜、素敵な歌ですねぇ。赤いバラは「情熱」、谷間のユリは「清純」、澄んだ水は「素直」などという熟語を連想します。賛美歌ではlily of the valleyはJesus Christのことでしたね。
But my love is fairer than any.ああ、いいな!

アイルランドでは結婚式でこの歌がよく歌われるのでしょうか?この歌のように、相手を大切に思う気持ちをお互いに生涯持ち続けて生きていきたいものですね。

私の庭ではバラと雪椿だけは立派に育っていますが、他の草花は消えつつあります。思い出がいっぱい詰まった大切な大切な庭です。帰省したときに変わらないものがあるというのは嬉しいものですね。ありがとうございました。(@娘の家)

http://wave.ap.teacup.com/karin02/
投稿者:Hanna-Danna
またまた歌の引用でごめんなさい。芸のないことで。(^_^;)>

Red is the rose that in yonder garden grows
White is the lily of the valley
Clear is the water that flows from the Boyne
But my love is fairer than any.

ばらの咲く庭ってすてきですね。わが家のは手入れをしないためか貧相で、ばらに
申し訳ないような感じです。

http://www.ireland-information.com/irishmusic/redistherose.shtml
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ