karin's English Writing U

 

カレンダー

2019年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

QRコード

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:karin
JIMPAさん こんにちは

誰もいなくてし〜んとしていて、水溜りがまるで鏡のように風景を映していて、、、ああ、そうでございます!「明鏡止水」がぴったりの表現でございます。

私自身もそうありたいと願っていますが、現実は「明鏡止水」からはほど遠い存在でございます。ありがとうございました。@娘の家

http://wave.ap.teacup.com/karin02/
投稿者:JIMPA
遅い時間にこんばんは karinさん

この写真を見て「明鏡止水」という言葉を思い出しました。まるでkarinsさん、そのものの印象です。
投稿者:karin
maronさん こんばんは

子供の頃からこの水溜りに映る世界が大好きでしたね。昔は雨が降るといたるところに水溜りができて、いろいろな世界が映ったものです。子供の頃にはそこに希望や夢や憧れが見えました。今でも何か別の世界に行けるように感じて、、、水溜りに映る景色が好きです。

実は私は車を運転している時に見るサイドミラーに映る風景も大好きです。ちょっと変わっていますね(^^)。  ありがとうございました。

http://wave.ap.teacup.com/karin02/
投稿者:karin
voyagerおさむさん こんばんは

私の写真は「あ、いいな」と思ったときにシャッターを押す、と言う感じで、あまり考えて撮っていないようです(^_^;)。でも、その時の気持ちだから、それでいいかな、と思っています。

ご友人の万次郎さんのお写真、いつも楽しませていただいています。ありがとうございました。

http://wave.ap.teacup.com/karin02/
投稿者:maron
水溜りに浮かぶ落ち葉はみなさん仰るように深まり行く秋の寂しさを感じる反面、水溜りに写る世界はもうひとつの世界、空想の世界を感じると共にあの世を連想させますね。お互いに年取った所為でしょうか。それとも今朝方日曜美術館で奥州にあるという毛通寺(?)の庭園を見た所為でしょうか?

http://ivory.ap.teacup.com/buddpage/
投稿者:voyagerおさむ
こういう撮り方ね。
僕は水に近寄らないから^^。
万次郎なら好きそう^^。

http://sun.ap.teacup.com/voyager/
投稿者:karin
shunranさん こんばんは

水溜りに映る葉っぱを落とした樹木を眺めながら、「ああ、みんな散ってしまった・・・・」とまた季節が進んでいることを実感しました。一雨ごとに冬に向かうのですねぇ。

四季があるというのは素晴らしいことですね。猛暑のあとにこういう日がくるのですから、、、、嬉しいですね。 ありがとうございました。


http://wave.ap.teacup.com/karin02/
投稿者:karin
yyさん こんばんは

日常のさりげないことに目がいくようになって、、、それはきっと日々の生活が時間に追われることもなく自然体で生きていくことができるようになったからかな、と考えております。

>こころがいやされます。

嬉しいお言葉、ありがとうございました。

http://wave.ap.teacup.com/karin02/
投稿者:karin
morinoringoさん こんばんは

小雨が降っていましたので、公園に人影がなくて水溜りが目にとまりました。本当に地面が大きなキャンパスのようですね。絵心のない私ですが、このキャンパスに描かれた風景に心惹かれしばし立ち止まっていました。

朝からこんなふうですから、公民館のサークルにはもう少しで遅れそうになってしまいました。いつも一番に着いて準備しているのですが、、、、たまに遅れてもよいかもしれませんね(^^)。  ありがとうございました。


http://wave.ap.teacup.com/karin02/
投稿者:karin
Dear pussy willow-san,

The song was composed by Shinpei Nakayama.
It was a very popular song in my childhood.

I taught the song to koharu when she was playing with a ball.
I told her how the ball bounced to the song.
She found it very difficult to bounce the ball to the song.

I hope you are in good health.
I hope the climate will not affect your health.

Thank you.

http://wave.ap.teacup.com/karin02/
1|23
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ