karin's English Writing U

 

カレンダー

2020年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

QRコード

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:karin
orangeorangeさん こんにちは

今日は暑いですね。風がありますが少々湿度が上がったようです。ハーモニカの練習日でしたが、公民館への往復の道のりがいつもよりも遠く感じました。

私は未だに地下鉄に乗れなくて、、、その点、銀座は中央線でかんたんに行ける場所なので好きです。とくに土日の歩行者天国の日に大勢の人たちの中の一人になっているのが好きです。何かこう、知らない世界にいるように感じるのです。

銀座ではランチを食べますが、買い物はほとんどしたことがありませんし、ブランド品の品定めもしたことがありません。友人と一緒のときにたま〜に見てまわることがあるていどです。映画もたまには息抜きになりますね。  ありがとうございました。


http://wave.ap.teacup.com/karin02/
投稿者:orangeorange
こんにちは♪

銀座・・いいですね
あまり行ったことはないのですが ブランドのお店が きっとたくさん並んでいるんでしょうね
映画も 見てみたいなぁ〜*

http://orange.ap.teacup.com/akiboshi/
投稿者:karin
morinoringoさん おはようございます

早速、映画「ココ・シャネル」をご覧になったのですね!同じ映画を観てこうして気持ちを共有できるのが嬉しいです!ありがとうございます!(感嘆符を使いすぎですね)

この映画はイタリア・フランス・アメリカの合作で、言葉は英語ですが、来月9月18日にはフランス映画「ココ・アヴァン・シャネル」が日本でも公開されます。こちらも観てみたいと思っているのですが、、、。

シャネルの生涯は、映画はもちろん演劇にもなって上演されていますが、華やかな成功の裏にシャネルのこういう生き方があったのだということが人々に感動を与えているのではないでしょうか。

シャネルの製品とは無縁のkarinですが、シャネルの生き方には心打たれています。  ありがとうございました。


http://wave.ap.teacup.com/karin02/
投稿者:morinoringo
karinさん、おはようございます。
ここで、ココ・シャネルの映画を知り、昨日の夕方から1人で見に行ってきました。
私が想像していたシャネルのイメージとは違ったシャネルを知ることが出来ました。
私が現在持っているのは、香水シャネルの5番と19番くらいですが、他のものにも興味が湧いてきました。戦時中、ジャージで作った服が欲しいです。今はないでしょうけど。
自立しなければという強い思いが、ただ男性に依存する生活に甘んじなかった理由なのですね。
彼女のアイデアと勇気ある行動、人としてのプライドが、世界トップクラスのブランドを作り上げたのでしょうね。
ココ・シャネルのイメージを壊すかもしれない自叙伝なのに、よく映画化されたものと関心しています。
華やかに成功することの裏には、並々ならぬ苦労が隠れているのですね。
この映画を教えてくださったkarinさんに感謝します。

http://sun.ap.teacup.com/ringo
投稿者:karin
ヒロさん おはようございます

koharuのいない家に泊まるのは東京のアパートで暮らし始めて以来、初めてのことです。なんだか落ち着かず、koharuも帰ってこないのだと思いながら、金魚とハムスターに話しかけながら寂しさに耐えました。

今夜、もう一晩泊まります。金魚もハムスターも、にぎやかなkoharuの声がしなくて寂しそうです。ハムスターは私がえさを手に持って食べさせようとしたら、「koharuの手のにおいでない!」と警戒してか食べようとしないのです(−−)。

ココシャネルには持って生まれた才能があり、彼女自身の自信や信念があったからこそ、世界一流のものを生み出すことができたのでしょうね。孤児院に入れられたこともその生き方に影響を与えたでしょうね。「不幸」をバネにして生きる強さと自信を持っていたのでしょうか。いや、「生きること」を大切にしていたのでしょうね。  ありがとうございました。


http://wave.ap.teacup.com/karin02/
投稿者:karin
クロちゃんさん おはようございます

ようこそお越しくださいました!

英語で書くのは私の「頭の体操」のためです。もっとも最近は日本語も忘れ始めていて、あれ、これ、それ、と代名詞が多くなり、孫に「きちんと単語で言いましょう!」などと注意される始末です。

都会の高層ビルの青空も本当に素敵ですが、山で見る空の美しさには敵いません。7月、8月は自分の足で山に登っていませんが、クロちゃんさんの山の記録を拝見しながら一緒に楽しませていただいております。これからもよろしくお願いいたします。  ありがとうございました。


http://wave.ap.teacup.com/karin02/
投稿者:karin
suicaさん おはようございます

二本の映画が公開されることもあり、今「ココ・シャネル」が話題になっていますね。よく流行は「女学生から、、、」なんていいますが、suicaさんの周りの大学生はブランドものを身に着ける方が大勢いらっしゃいますか?

どちらの映画も「ココシャネル」の生き方がテーマだろうと思いますが、あの時代にあって、あのように生きた女性がいたということは今の女性たちにも大きな励ましになるような気がしました。  ありがとうございました。


http://wave.ap.teacup.com/karin02/
投稿者:karin
楽しいノビーさん おはようございます

才能のある人はやはりどこかで必ず芽が出るのですね。

家庭的には恵まれず、ようやく幸せになれのかな、と思ったら恋人は交通事故で亡くなってしまって、、、シャネルが一番欲しかったのは「家族の愛情」であったことは、よく理解できますね。

この「愛」を求める気持ちがあったから、また絶望せずに最期の瞬間まで凛として生きることができたのでしょうね。  ありがとうございました。


http://wave.ap.teacup.com/karin02/
投稿者:karin
suzuranさん おはようございます

昨夜は娘の家の泊りがけの留守番でした。上の孫の金魚にえさをやり、下の孫koharuのハムスターを寝せたところです(^^)。今夜もう一晩こちらに泊まります。

紛らわしいのですが、シャネルの映画は私の観た「ココ・シャネル」というシャーリー・マクレーン主演の映画で生涯を描いたものと、日本では9月18日公開のフランス映画、「ココ・アヴァン・シャネル」というシャネルの若い頃を中心に描いたらしい映画があります。

「ココ・アヴァン・シャネル」も是非観たいと思っています。バックグラウンドで流れるピアノが美しいとか、、、それにフランス語ですし、、、(もっともフランス語は全然分からないのですが)。  ありがとうございました。


http://wave.ap.teacup.com/karin02/
投稿者:ヒロ
名前が・・・ごめんなさい<m(__)m>
kariさんになっていますね。


http://wind.ap.teacup.com/pink1957love/
1|23
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ