karin's English Writing U

 

カレンダー

2020年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

QRコード

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:karin
楽しいノビーさん おはようございます

ほんとうですねぇ、人生は出会いと別れの繰り返しですね。夫も「短いけれどもボクは一生を生きた気がする、、、ありがとう。ああ、でもせめて52歳まで生きたかったなぁ!」と言っていました。何故52歳なのか、私はそのわけを訊かなかったのですが、、、。

死の瞬間はいつも突然やってきますね。娘家族にもいつも話しています。「家族一緒の時間を大切にしなさいよ。『いのち』を大切にしなさいよ。」と。そして上の高校生の孫息子には一対一のとき「と〜ちゃん、か〜ちゃん、koharuのこと、頼むね。親よりも長生きしてね」と頼んでいます。

父が69才で脳出血で突然亡くなっていますので、何となく私もその心の準備をしています。最期の瞬間までみんないっしょに気持ちよく暮らしたいですね! ありがとうございました。


http://wave.ap.teacup.com/karin02/
投稿者:楽しいノビー
karinさん

幸せに満ちた結婚生活でしたね。出会いと別れの繰り返しが人生だとしても、あまりにも早い別れでしたね。
入院して2週間・・・私の父も、入院してちょうど2週間目に亡くなりました、やはりガンでした。突然の死で、2人の娘(姉と私)がいなかったら、母も頑張れなかったと思います。今は母も父の横で眠っていますが、体の調子が悪くても家族には何も言わず働いてくれた父と、その後私達を支えてくれた母に感謝しています。
karinさんは、いつもご主人が一緒にいますね、そしてお嬢さん、お孫さん・・・
これからも、みなさんずーっと一緒ですね(*^_^*)
投稿者:karin
JIMPAさん こんばんは

お兄様も最期をお迎えのときのお言葉が「ありがとう」だったのですね。遺された者にとって最高のお言葉ですね。そしてお父様はご自身のことよりもJIMPAさんのお仕事のことをご心配なさっていて、、、、お父様の深い深い愛を感じますね。

愛しい人たちの生き様を振り返り、その在りし日の言葉を思い出すと、これからの自分の生き方、あり方が自ずと決まってくるような気がします。

まだ咳が残っていますが、何とか旅に出ることができそうでございます。最悪の場合は当日にキャンセルする予定で準備を進めております。いつもご心配いただきありがとうございます。


http://wave.ap.teacup.com/karin02/
投稿者:JIMPA
"See you tomorrow!" was his last word.
ご主人の話された言葉を読んで涙が止りませんでした。兄の最後の「ありがとう」を思い出したからです。父は「仕事があるだろ?いいのか」でした。

「車は勤め先の往復だけ。ほかには乗らないこと」の言葉を忠実に守り続けて、手放すまで物見遊山に使わなかったkarinさん。どれほどご主人を愛されていたのかが分かります。

だいぶ良くなられたようですね。何も考えず、思い切りエジプト旅行を楽しめますように・・。

絶対、写真を見せてくださいね。待っていますよ。皆さんも。
投稿者:karin
hitorigotoさん こんにちは

すっきりとはしませんが、ほぼ回復したと思っております。お薬を飲みますと、その副作用が出てきますから、、、、困ったものです。でもここ一両日で完全復活するだろうと期待しております。今の程度の咳はもしかしたら老人性咳かも、などとも思ってあきらめています(^_^;)。

死を目前にして生きるというのは、本当に辛いことでしたが、若くして死を覚悟して日々を送る夫のことを思えば、残された日々を楽しく有意義にすることしかありませんものね。「ありがとう」を伝え合った日々でもありました。

33歳までしか生きることのできなかった夫の無念、私達に心配をかけないためにいつも笑いながら死を迎えた夫、、、彼のことを思えば、これからのいかなる困難も耐えることができるように思います。

さぁ、今日もがんばります。  ありがとうございました。


http://wave.ap.teacup.com/karin02/
投稿者:karin
sakuramomさん こんにちは

日本とアメリカに離れて暮らしていらっしゃいますが、sakuramomさんご夫妻の強いつながりにいつも「いいなぁ・・・」と思って拝見しております。sakuramomさんの献身的な生き方に感動しています。

みんなそれぞれの人生があって、みんな一生懸命生きていますね。ホント、「生かされてきたのだ、ありがとうございます!」というのが私がここまで生きてきた実感です。sakuramomさん、あまり無理をせずに自然体で、今の瞬間を大切に生きましょうね。  ありがとうございました。


http://wave.ap.teacup.com/karin02/
投稿者:sakuramom
karinさん
 こんにちは。

読んでいて涙が出ました。

お互いに思いやるとても素敵なご夫婦だったのですね。

私は最近愚痴っぽくなって、お恥ずかしいです。

「生かされている」

言葉が心にしみます。

もう少し謙虚に生きたいと思いました。

自然体で生きてきたkarinさんは・・・本当に輝いています。



http://amienglish.blog128.fc2.com/
投稿者:karin
suzuranさん こんばんは

今日はふと立ち止まってゆっくりと昔にもどってしまいました。みんな誰もがたくさんの別れに耐えてここまで生きてきているのですよね。

そして先に逝った愛しい人たちにその後のことを伝えることができるように、頑張って生きているのですよね。

suzuranさん、これからもおたがいに最期の瞬間までがんばって生きましょうね。  ありがとうございました。おやすみなさいませ。

http://wave.ap.teacup.com/karin02/
投稿者:karin
絆さん こんばんは

3月はいろいろな思い出があります。別れの季節でもあり、新しい門出の準備の時でもあり、、、、涙あり笑いありですね。3月24日は上の孫息子の誕生日でもあります。

そうですね、最期まで私と娘がどうやって生きていくのだろうか、とそのことばかりを心配していましたから、ずっとずっと私たちを見守っていてくれると思っています。そう思いながら36年間を過ごしてきました。さぁ、また明日からがんばりたいと思います。  ありがとうございました。  おやすみなさいませ


http://wave.ap.teacup.com/karin02/
投稿者:suzuran
karinさん こんばんは

悲しいお話ですね、でも何時も忘れる事の無い大きな楽しい思いでも、沢山置いて行ってくれたのだと
思います。

別れ。どんな時も、どんな知らない人でも悲しいものですね  私も沢山の別れを経験して、この年に
なりました。
でも、何時も思います。出来るだけ、その人の分も
長生きして、今度会った時に、いっぱいお話が出来るようにと・・・

karinさん 大丈夫ですよ、娘さんもお孫さんも、いっぱいの宝物が、在りますものね
 ご主人様に、私も手を合わさせて頂きます。

http://moon.ap.teacup.com/o5o1/
1|23
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ