karin's English Writing U

 

カレンダー

2019年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

QRコード

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:karin
haruchanさん こんばんは

銀閣寺、大好きな場所です。私はただそこにいるだけでいいのです(^_^;)。昔の人はきっとここで月を愛で和歌を詠んだのでしょうねぇ、、、、。

この富士山のように砂を盛ったところは「向月台」でこの上に座って月が上がるのを待ったと言われていますが、、、ほんとかな?

国宝「東求堂」が今回特別公開でした。案内人からいろいろ説明がありました。そこの襖には本文中の画家の心に響く絵が描かれていました。写真撮影が禁止だったので、写真はないのです(^_^;)。

哲学の道、、、今回はツアーだったので時間が気になり、甘味処にはよりませんでした。以前来たときにここで一人でケーキセットをいただきました。それを思い出して写真を撮りました。

娘はこの近くに住み大好きなK大で宇宙物理学を専攻していました。合格した時嬉しくて、銀閣寺の近くに1DKのマンションを宿に決めてから、、、二人で銀閣寺に行き、そこから南禅寺まで歩きました。

「娘はもう私がいなくても自分の力で生きていくことができる・・・」とほっとしてとても嬉しかったのです。だから銀閣寺が大好きなのかも(^^)。

ありがとうございました。


http://wave.ap.teacup.com/karin02/
投稿者:haruchan
銀閣寺は色合いからかとても地味な感じがしますが、日本らしい侘びの世界を感じます。
いかにも別荘といった風情です。

こんなところで和歌でも詠んだら名歌が出来るのではとふと思いました。

哲学の道は散策するのに丁度良い道ですねー。
途中の甘味処には立ち寄りませんでしたか!

引き戸に絵が描いてあった?この辺がよく訳せませんでした。

富士山の形をした砂山は合わないような気がしますが意味があるのでしょうか?

この近くにお嬢様が住んでおられたことがあるのですか。環境抜群ですね。
投稿者:karin
よしえさん こんばんは

銀閣寺への参道はお店が立ち並び、大勢の人でにぎわっていました。銀閣寺にお参りをした後の人たちでしょうか、、、。銀閣寺そのものは混んでいなくてゆっくりと見てまわることができて幸運でした。

この砂はサラサラした砂ではなくて乗っても崩れないほどにしっかりとした特別の砂とのことでした。3ヶ月に一回、きれいに整えているそうです。

今回の旅、私は銀閣寺に行くことができたのが一番嬉しかったです。娘が学生時代にこの近くに住んでいたので、在学中に数回娘の宿を訪れいつも銀閣寺に遊びに行っていました。特別公開の建物に入ったのは今回が初めてでした。嬉しかったです。

ありがとうございました。


http://wave.ap.teacup.com/karin02/
投稿者:よしえ
karinさん、こんにちは!

銀閣寺の庭の砂がこんなに美しいとは思いませんでした。
素晴らしく、手入れも行き届いていますね!
人もそんなに多くなく、落ち着いた感じですね。
こんなに見晴らしが良い場所もあるのですね。

http://happy.ap.teacup.com/123789/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ