karin's English Writing U

 

カレンダー

2021年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

QRコード

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:karin
haruchanさん こんにちは

私もシェイクスピアの「ペリクリーズ」という作品を知らなかったのです。それでなおさら観てみようと思いました。

学生時代、卒業したら中世英語に触れることは絶対にないだろうと思って、私は卒論をシェイクスピアの「リア王」にしました。シェイクスピアの作品で使われている英語は今の英語と意味が違うので、別の辞書を使って読みます。

卒論は「King Lear」であってもShakespeareの作品はた〜くさん原書で読んだのですが、、、、Periclesは全然知らなかったのでびっくりしました。いや、もう50年も昔のことですから、忘れてしまったのでしょうか、、、(^_^;)。

夢中で英語を勉強していた学生時代、勉強が楽しくてたまらなかった学生時代が懐かしいです。何であれ「夢中である」って素晴らしいことですね。

ありがとうございました。


http://wave.ap.teacup.com/karin02/
投稿者:haruchan
シェイクスピアの「ペリクリーズ」を観てこられたのですか?初めて聞く作品名です。
彼の作品ですからきっと面白かったのでしょうねー。英語劇ならもっと良かったですね。

考えてみましたら四大悲劇やロミオとジュリエットなどきちんと読んだことがありません。しかし内容は何となく分かります。映画やテレビで見ているのかしら?

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ