karin's English Writing U

 

カレンダー

2020年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

QRコード

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:karin
長崎沙織さん こんにちは

日が長くなりましたね。もうすぐ立春ですものね。先ほど水曜英会話から帰ってきました。クラスの終わったあと、数人で集まってロビーで復習をします。一生懸命学ぶ奥様たちと一緒にいると私もがんばろう、という気持ちになってきます。

「レ・ミゼラブル」、、、今回のミュージカルはとてもよかったです。普通、ミュージカルがアフレコ(英語ではプリレコ)が多いのだそうですが、これはアフレコでないので素晴らしい作品だとパンフレットに書かれていました。

帝国劇場で「レ・ミゼラブル」を観たのは2001年です。今年上演されるのはまた異なった感じになるかもしれませんね。是非観たいと思っています。

長い人生、時には寝転がってテレビ三昧も大賛成です(^^)。

ありがとうございました。


http://wave.ap.teacp.com/karin02/
投稿者:長崎沙織
karinさん こんにちは。
絵画展と映画 毎日充実してますね。
「レ・ミゼラブル」
名前は知っているのに
物語の内容は
この歳になるまでよく知らないままでした。
karinさんのブログを読んで
ストーリーを知りたくなり
パソコンで調べてみたら
本当に壮大な愛の物語なんですね〜。
人気があるはずです。
karinさんは舞台も観たんですね。
私も 少しは 
生の感動を味わわなくては・・
と思いました。
いつも寝転がってテレビ三昧です(笑)




http://blog.goo.ne.jp/nisizaka_2009/e/dfc1b751062e8a541f21a5a94dded994
投稿者:karin
よしえさん こんばんは

文豪ヴィクトル・ユーゴーの人生も波乱に満ちた人生だったようですね。「レ・ミゼラブル」にもきっと彼が生きた過去の日々から感じ取ったことも書かれているのだと感じました。

今回の映画はミュージカルなのですが、ダイナミックな映像と音楽が素晴らしいのです。最初から映画の中に引き込まれていきました。でももしかしたらヴィクトル・ユーゴーの原作を読んで得る感動とは異なっているのかもしれない、、、などと思うと、原書で読めないことが残念です。

ありがとうございました。

http://wave.ap.teacp.com/karin02/
投稿者:よしえ
karinさん、こんにちは!

レ・ミゼラブルは昔の映画で観たことはありますし、フランスのテレビでも何度か観ましたが、
この映画も評判が良いようですね。
ぜひ観たいです!
ヴィクトル・ユゴーはフランスが誇る文豪です。
他の作品も読みたいと、いつも思ってはいるのですが・・・
もちろん日本語でなんですが。(笑)





http://happy.ap.teacup.com/123789/
投稿者:karin
morinoringoさん こんばんは

iPadも使いこなしていらっしゃるのですね。私はiPadもスマホも持たず、家を一歩でたらインターネットと無縁の生活になります(^_^;)。

そうでしたか!ヴィクトル・ユーゴの「ああ無情」はmorinoringoさんの人生に大きな影響を与えた本なのですね。そしてその映画が幼い頃の感動を呼び起こすほどに素晴らしいものでよかったですね。私も「この映画はすごいな」と思いました。

morinoringoさんも舞台もごらんになったのですね。私は2001年1月に帝劇で観たのですが、、主役は山口祐一郎でした。今年上演される新演出・新キャストの「レ・ミゼラブル」はどんな感じでしょう、映画とは違ったものになるでしょうねぇ。

ありがとうございました。

http://wave.ap.teacp.com/karin02/
投稿者:karin
ヒロさん こんばんは

そうなのです、「思い立ったが吉日」とばかりに突然「今から観に行こう!」と思ってでかけました。映画に限らず、すべてこんな感じで無計画の日々を送っています。

10歳の頃は易しく書き直された「ジャンバルジャン」だったのですが、その後も「ああ無情」を何回か読んでいるのです。愛読書になったのですねぇ、、、。フランス語の原書で読んでみたかったです。(フランス語は途中で挫折してしまいました)

私も映画をよく観たのは大学時代だけですねぇ、、、。今年も話題作は観たいと思っています。でもヒロさんと同じ年齢の頃は私も映画館に映画を観にいく心の余裕がなかったです。

観たい映画があったら、是非ご覧になってくださいね。きっと気分転換になり元気がでます。

ありがとうございました。


http://wave.ap.teacp.com/karin02/
投稿者:morinoringo
karinさん
昨夜、ipadで拝見していましたが、旅先だったのでコメントが遅くなりました。
「レ・ミゼラブル」は、舞台でも観られていたのですね。私も、滝田 栄さんのを舞台で観ました。でも、今回の映画の方がリアルでよくわかりました。
私が初めて「ああ無情」を知ったのは、小学生になる前に紙芝居で、でした。そして、小5の時母が買ってくれた少年少女世界文学全集の第一回配本の本が、「ああ無情」でした。私は、これを読んでキリスト教に惹かれました。やがて洗礼を受けるほどに。ミリエル司教に心を奪われたのです。「レ・ミゼラブル」は、私の一生に大きな影響を与えた物語です。
ヴィクトル・ユーゴは、類まれな文豪ですね。
映画を見て、あらためてそう思いました。

http://sun.ap.teacup.com/ringo
投稿者:ヒロ
karinさん こんばんは
「レ・ミゼラブル」を観てきたのですね。
思い立ったら吉日ですものね。

10歳で出会った物語が未だにkarinさんの心に素晴らしい作品として残り、こうして観劇できたり鑑賞出来ることは大きな喜びでしょうね。

私は最近、映画館に足を運ぶことさえ忘れかけていましたが、映画を観たくなりました。
時間を作って出かけようと思います。
投稿者:karin
haruchanさん こんにちは

「レ・ミゼラブル」は知らず知らず中に引き込まれていくような映画でした。思い込みの激しい私はもう自分もその映画中の一人になっていました。単純なのです(^_^;)。

今度帝国劇場で上演される「レ・ミゼラブル」は新演出、新キャストで上演されると書かれています。今までのものとどう異なるのでしょうね。パンフレットに書かれているのですが「もはやオリジナルを超えている・・・」という箇所を読むと、、、ちょっと不安にもなります。

「東京家族」も話題になっているので是非観たいと思っていますが、、、どうなりますか。haruchanさん、楽しんできてくださいね。やっぱり映画もテレビで観るよりも劇場の大きなスクリーンで極上の音響効果の下で観ると感激も違いますね(^^)。

ありがとうございました。

http://wave.ap.teacp.com/karin02/
投稿者:haruchan
こんばんは

映画良かったですか。とても評判が良いようですね。英会話教室の仲間も観てきて誉めていました。

私も帝国劇場の「レ・ミゼラブル」をみました。
滝田栄さんだったような気がします。
私はラヴコメディのような明るいものが好きなので
観にいこうかどうか迷っています。

山田洋次監督の「東京家族」のチケットを頂いたので近いうちに観に行こうと思っています。

映画はテレビで見るよりやはり劇場ですね。
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ