裏道しるべ

旅人の宿「道しるべ」の愉快な話や旅の情報、世間話のブログ「裏道しるべ」へようこそ

 

カレンダー

2021年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

QRコード

過去ログ

RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:michishirube
コメント、有り難うございます。
皆さん、只見線には思い出があるのですねぇ。
只見川をいくつもの鉄橋で越えながら、所狭しと目的地へ向かう只見線は、私にとっては最高のジェットコースターです。
特に会津塩沢と会津蒲生間の川の上を走る区間が私は大好きで、不通なのはとても残念です。
企業や個人の寄付を募れば、何とか100億円集まらないかなあ、と思ってしまいます。
今はそんな時代じゃないと言われれば、それまでですが。
投稿者:ポール
最近、新潟の事情に疎くなってしまった為、只見線がそんなことになっていたとは知りませんでした。
20年近く以前の秋に只見線を完乗したことがあります。新潟から磐越西線(確か快速あがのに乗車)で会津若松へ行き、乗り換えて小出まで乗り(当時は既に直通列車は無く只見で乗り換えたと思う)急行赤倉で新潟へ戻りました。
紅葉シーズンは景色が素晴らしいと聞いていたので、前々からいつか乗りたいと思いつつ諸事情からなかなか乗る事が出来ず、やっと乗れたのでした。
車窓の景色はとても素晴らしく、2両編成の列車がほぼ満員だったのを憶えています。
ノスタルジーだけでは鉄道が維持出来ないのも理解できますが、やはりこのような風光明媚な路線がなくなってしまうのを惜しむのは私だけではないと思います。
なんとか復旧出来れば良いのですが・・・。

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ